Studied on chemotherapy of parasitic helminths : clinical and pathological changes in mice infected with Angiostrongylus cantonensis and treatment with mebendazole and betamethasone 寄生蠕虫症の化学療法に関する研究 : マウスの広東住血線虫症における臨床的および病理学的変化と本症に対するメベンダゾールとベタメサゾンの効果について

この論文をさがす

著者

    • 林, 道明 ハヤシ, ミチアキ

書誌事項

タイトル

Studied on chemotherapy of parasitic helminths : clinical and pathological changes in mice infected with Angiostrongylus cantonensis and treatment with mebendazole and betamethasone

タイトル別名

寄生蠕虫症の化学療法に関する研究 : マウスの広東住血線虫症における臨床的および病理学的変化と本症に対するメベンダゾールとベタメサゾンの効果について

著者名

林, 道明

著者別名

ハヤシ, ミチアキ

学位授与大学

浜松医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第34号

学位授与年月日

1987-12-04

注記・抄録

博士論文

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080114
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080319
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244428
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ