混和材料によるコンクリートの品質改善に関する工学的研究

この論文をさがす

著者

    • 小川, 鑑 オガワ, アキラ

書誌事項

タイトル

混和材料によるコンクリートの品質改善に関する工学的研究

著者名

小川, 鑑

著者別名

オガワ, アキラ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2334号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 概説 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と構成 / p5 (0008.jp2)
  5. 第2章 プレキャストコンクリートの部材生産におけるコンクリート技術の改良 / p9 (0011.jp2)
  6. 2.1 研究概要 / p9 (0011.jp2)
  7. 2.2 コンクリートの表面仕上げに関する研究 / p11 (0012.jp2)
  8. 2.3 蒸気養生の改善に関する研究 / p27 (0020.jp2)
  9. 2.4 コンクリートの品質管理と部材品質の改善に関する研究 / p43 (0028.jp2)
  10. 2.5 まとめ / p59 (0036.jp2)
  11. 第3章 流動化コンクリートの実用化 / p64 (0040.jp2)
  12. 3.1 概説 / p64 (0040.jp2)
  13. 3.2 コンクリートの流動化 / p73 (0045.jp2)
  14. 3.3 ベースコンクリートの配合計画 / p80 (0048.jp2)
  15. 3.4 流動化コンクリートの施工例 / p88 (0052.jp2)
  16. 3.5 流動化コンクリートを用いる場合の留意点 / p98 (0057.jp2)
  17. 3.6 まとめ / p102 (0059.jp2)
  18. 第4章 コンクリートのひびわれ防止対策 / p106 (0062.jp2)
  19. 4.1 材料面からのひびわれ対策に関する文献的研究 / p106 (0062.jp2)
  20. 4.2 膨張剤の利用によるひびわれ防止の研究 / p120 (0069.jp2)
  21. 4.3 膨張剤と収縮低減剤の併用による建物外壁のひびわれ防止の研究 / p135 (0077.jp2)
  22. 4.4 まとめ / p149 (0084.jp2)
  23. 第5章 総括 / p152 (0086.jp2)
  24. [謝辞] / p157 (0089.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080440
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080645
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000244754
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ