追波中を航行する船の復原性に関する研究 ツイハチュウ オ コウコウ スル フネ ノ フクゲンセイ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 梅田, 直哉, 1957- ウメダ, ナオヤ

書誌事項

タイトル

追波中を航行する船の復原性に関する研究

タイトル別名

ツイハチュウ オ コウコウ スル フネ ノ フクゲンセイ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

梅田, 直哉, 1957-

著者別名

ウメダ, ナオヤ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5468号

学位授与年月日

1991-08-01

注記・抄録

博士論文

09862

博士(工学)

1991-08-01

大阪大学

14401乙第05468号

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p4 (0004.jp2)
  3. 第1.1節 漁船の転覆海難と法的規制の現状 / p4 (0004.jp2)
  4. 第1.2節 復原性基準のコンセプトの変遷 / p4 (0004.jp2)
  5. 第1.3節 新しいコンセプトの提案 / p5 (0004.jp2)
  6. 第1.4節 追波、斜め追波航行中の転覆への応用 / p7 (0005.jp2)
  7. 第1.5節 本論文の構成 / p8 (0006.jp2)
  8. 第2章 波乗り現象 / p10 (0007.jp2)
  9. 第2.1節 波乗り現象の模型実験 / p10 (0007.jp2)
  10. 2.1.1 緒言 / p10 (0007.jp2)
  11. 2.1.2 波乗り現象の模型実験法 / p10 (0007.jp2)
  12. 2.1.3 運動方程式 / p11 (0007.jp2)
  13. 2.1.4 抵抗変動を計測する模型実験 / p11 (0007.jp2)
  14. 2.1.5 結果と考察 / p12 (0008.jp2)
  15. 2.1.6 結言 / p13 (0008.jp2)
  16. 第2.2節 規則波中の抵抗変動 / p14 (0009.jp2)
  17. 2.2.1 緒言 / p14 (0009.jp2)
  18. 2.2.2 座標系と定式化 / p14 (0009.jp2)
  19. 2.2.3 速度ポテンシャル / p16 (0010.jp2)
  20. 2.2.4 抵抗変動の解析的表現 / p18 (0011.jp2)
  21. 2.2.5 数値計算結果 / p25 (0014.jp2)
  22. 2.2.6 結言 / p26 (0015.jp2)
  23. Appendix 1 Froude- Krylov仮説による抵抗変動 / p26 (0015.jp2)
  24. 第2.3節 規則波中の波乗り現象 / p29 (0016.jp2)
  25. 2.3.1 緒言 / p29 (0016.jp2)
  26. 2.3.2 運動方程式と前後揺れ / p29 (0016.jp2)
  27. 2.3.3 位相面による解析 / p32 (0018.jp2)
  28. 2.3.4 波乗り現象についての考察 / p35 (0019.jp2)
  29. 2.3.5 結言 / p37 (0020.jp2)
  30. 第2.4節 不規則波中の波乗り発生確率 / p39 (0021.jp2)
  31. 2.4.1 緒言 / p39 (0021.jp2)
  32. 2.4.2 波乗り発生の統計理論 / p39 (0021.jp2)
  33. 2.4.3 計算例と考察 / p43 (0023.jp2)
  34. 2.4.4 結言 / p45 (0024.jp2)
  35. 第3章 復原力喪失による転覆 / p46 (0025.jp2)
  36. 第3.1節 規則波中の復原力変動 / p46 (0025.jp2)
  37. 3.1.1 緒言 / p46 (0025.jp2)
  38. 3.1.2 復原力変動機構とその推定法 / p46 (0025.jp2)
  39. 3.1.3 復原力計算法 / p48 (0026.jp2)
  40. 3.1.4 模型実験による復原力計測 / p49 (0026.jp2)
  41. 3.1.5 結果と考察 / p49 (0026.jp2)
  42. 3.1.6 結言 / p51 (0027.jp2)
  43. 第3.2節 不規則波中の復原力変動 / p52 (0028.jp2)
  44. 3.2.1 緒言 / p52 (0028.jp2)
  45. 3.2.2 復原力の統計理論 / p52 (0028.jp2)
  46. 3.2.3 不規則波中の復原力計測実験 / p56 (0030.jp2)
  47. 3.2.4 結果と考察 / p57 (0030.jp2)
  48. 3.2.5 結言 / p58 (0031.jp2)
  49. 第3.3節 不規則波中の転覆確率の評価 / p59 (0031.jp2)
  50. 3.3.1 緒言 / p59 (0031.jp2)
  51. 3.3.2 基本的な考え方 / p59 (0031.jp2)
  52. 3.3.3 定常船体運動 / p60 (0032.jp2)
  53. 3.3.4 波による復原力変動 / p63 (0033.jp2)
  54. 3.3.5 非定常船体運動 / p64 (0034.jp2)
  55. 3.3.6 転覆確率 / p66 (0035.jp2)
  56. 3.3.7 計算例と考察 / p67 (0035.jp2)
  57. 3.3.8 結言 / p67 (0035.jp2)
  58. Appendix 2 波の山に出会うときの結合確率密度 / p68 (0036.jp2)
  59. 第3.4節 不規則波中の転覆の数値実験 / p71 (0037.jp2)
  60. 3.4.1 緒言 / p71 (0037.jp2)
  61. 3.4.2 シミュレーション・モデルの考え方 / p71 (0037.jp2)
  62. 3.4.3 シミュレーション・モデル / p72 (0038.jp2)
  63. 3.4.4 不規則波中の横揺れ / p75 (0039.jp2)
  64. 3.4.5 不規則波中の転覆 / p76 (0040.jp2)
  65. 3.4.6 結言 / p78 (0041.jp2)
  66. 第4章 結論 / p79 (0041.jp2)
  67. 謝辞 / p82 (0043.jp2)
  68. 参考文献 / p83 (0043.jp2)
  69. 図表一覧 / p88 (0046.jp2)
  70. 図表 / p92 (0048.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080582
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001002809
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000244896
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ