アメリカにおける司法積極主義と消極主義 : 司法審査制と民主主義の相克

この論文をさがす

著者

    • 中谷, 実, 1946- ナカタニ, ミノル

書誌事項

タイトル

アメリカにおける司法積極主義と消極主義 : 司法審査制と民主主義の相克

著者名

中谷, 実, 1946-

著者別名

ナカタニ, ミノル

学位授与大学

大阪大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第5493号

学位授与年月日

1991-09-04

注記・抄録

博士論文

09888

博士(法学)

1991-09-04

大阪大学

14401乙第05493号

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. I はじめに―視点の設定― / p1 (0007.jp2)
  4. II 経済政策をめぐって―積極国家・福祉国家と最高裁― / p12 (0013.jp2)
  5. 一 はじめに / p12 (0013.jp2)
  6. 二 レッセフェール・アクティヴィズム―積極国家の否定― / p17 (0015.jp2)
  7. 三 リペルターリアン・アクティヴィズム―積極国家の肯定― / p32 (0023.jp2)
  8. 四 イガリターリアン・アクティヴィズム―福祉国家推進に積極的― / p48 (0031.jp2)
  9. 五 オーソドックス・パッシヴィズム、コンテンポラリー・パッシヴィズム―福祉国家推進に消極的― / p61 (0037.jp2)
  10. 六 それぞれの立場をめぐって / p75 (0044.jp2)
  11. 七 おわりに / p93 (0053.jp2)
  12. III 人種差別をめぐって(1)―従来からの差別と最高裁― / p109 (0061.jp2)
  13. 一 はじめに / p109 (0061.jp2)
  14. 二 レッセフェール・アクティヴィズム―「分離するが平等の法理」 / p111 (0062.jp2)
  15. 三 リベルターリアン・アクティヴィズム―「分離するが平等の法理」の実質的崩壊― / p121 (0067.jp2)
  16. 四 イガリターリアン・アクティヴィズム―「分離するが平等の法理」の否定と人種統合政策の推進 / p131 (0072.jp2)
  17. 五 コンテンポラリー・パッシヴィズム―人種統合政策の緩和― / p151 (0082.jp2)
  18. 六 それぞれの立場をめぐって / p155 (0084.jp2)
  19. 七 おわりに / p169 (0091.jp2)
  20. IV 表現の自由をめぐって―民主主義の核と最高裁― / p171 (0092.jp2)
  21. 一 はじめに / p171 (0092.jp2)
  22. ニ リベルターリアン・アクティヴィズム―「明白かつ現在の危険テスト」― / p173 (0093.jp2)
  23. 三 オーソドックス・パッシヴィズム―「比較衡量テスト」― / p189 (0101.jp2)
  24. 四 ブラック―「絶対テスト」― / p206 (0110.jp2)
  25. 五 イガリターリアン・アクティヴィズム―Chaplinsky判決の枠からの解放(?)― / p213 (0113.jp2)
  26. 六 コンテンポラリー・パッシヴィズム―保護される表現の限定― / p242 (0128.jp2)
  27. 七 それぞれの立場をめぐって / p257 (0135.jp2)
  28. 八 おわりに / p289 (0151.jp2)
  29. V 議席再配分をめぐって―一人一票と最高裁― / p301 (0157.jp2)
  30. 一 はじめに / p301 (0157.jp2)
  31. 二 オーソドックス・パッシヴィズム―厳格な一人一票原則の否定― / p304 (0159.jp2)
  32. 三 イガリターリアン・アクティヴィズム―厳格な一人一票原則の推進― / p313 (0163.jp2)
  33. 四 コンテンポラリー・パッシヴィズム―厳格な一人一票原則の緩和― / p320 (0167.jp2)
  34. 五 それぞれの立場をめぐって / p323 (0168.jp2)
  35. 六 おわりに / p344 (0179.jp2)
  36. VI 人種差別をめぐって(2)―アファーマティブ・アクションと最高裁― / p351 (0182.jp2)
  37. 一 はじめに / p351 (0182.jp2)
  38. 二 イガリターリアン・アクティヴィズム―一時的な人種意識の肯定― / p352 (0183.jp2)
  39. 三 コンテンポラリー・パッシヴィズム―人種意識の否定― / p363 (0188.jp2)
  40. 四 それぞれの立場をめぐって / p372 (0193.jp2)
  41. 五 おわりに / p393 (0203.jp2)
  42. VII 性的自己決定をめぐって―避妊・中絶・同性愛と最高裁― / p395 (0204.jp2)
  43. 一 はじめに / p395 (0204.jp2)
  44. 二 イガリターリアン・アクティヴィズム―性的自己決定権の肯定と拡大― / p397 (0205.jp2)
  45. 三 コンテンポラリー・パッシヴィズム―性的自己決定権の限定と縮小― / p414 (0214.jp2)
  46. 四 それぞれの立場をめぐって / p421 (0217.jp2)
  47. 五 おわりに / p436 (0225.jp2)
  48. VIII おわりに―アメリカ憲法理論における司法哲学― / p445 (0229.jp2)
  49. あとがき / p457 (0235.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080607
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001002811
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244921
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ