リソゾームに局在する酸性コレステロールエステラーゼの酵素特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田中, 満男 タナカ, ミツオ

書誌事項

タイトル

リソゾームに局在する酸性コレステロールエステラーゼの酵素特性に関する研究

著者名

田中, 満男

著者別名

タナカ, ミツオ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5499号

学位授与年月日

1991-09-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0003.jp2)
  3. 本論 / p4 (0005.jp2)
  4. 第一章 肝Acid CEH の酵素特性 / p4 (0005.jp2)
  5. 第1節 Acid CEH の反応条件ならびに基質特異性 / p4 (0005.jp2)
  6. 第2節 Acid CEH の生体内分布 / p12 (0009.jp2)
  7. 第3節 Acid CEH の日内変動 / p15 (0010.jp2)
  8. 第4節 Acid CEH の性差と加齢に伴う変動 / p17 (0011.jp2)
  9. 第5節 小括および考察 / p21 (0013.jp2)
  10. 第二章 肝Acid CEH に対する内在性因子の影響(I) / p24 (0015.jp2)
  11. 第1節 Acid CEH に対する脂肪酸の影響 / p25 (0015.jp2)
  12. 第2節 Acid CEH に対する金属イオンの影響 / p29 (0017.jp2)
  13. 第3節 Acid CEH に対する銅イオンの阻害機構 / p32 (0019.jp2)
  14. 第4節 小括および考察 / p39 (0022.jp2)
  15. 第三章 肝Acid CEHに対する内在性因子の影響(II) / p41 (0023.jp2)
  16. 第1節 Acid CEH に対する可溶性画分に存在する蛋白性阻害因子の影響 / p41 (0023.jp2)
  17. 第2節 Acid CEH に対するアポA-Iの影響 / p48 (0027.jp2)
  18. 第3節 Acid CEH に対するアルブミンの影響 / p53 (0029.jp2)
  19. 第4節 小括および考察 / p59 (0032.jp2)
  20. 第四章 腹腔マクロファージ系細胞Acid CEH に対する内在性因子の影響 / p63 (0034.jp2)
  21. 第1節 Acid CEH 活性に対する酸化LDLの影響 / p64 (0035.jp2)
  22. 第2節 Acid CEH 活性に対する銅イオンの影響 / p71 (0038.jp2)
  23. 第3節 Acid CEH 活性に対するアルブミンの影響 / p73 (0039.jp2)
  24. 第4節 小括および考察 / p76 (0041.jp2)
  25. 第五章 肝Acid CEH に対する種々の薬物の影響 / p78 (0042.jp2)
  26. 第1節 Acid CEH に対する脂質代謝関連物質の影響 / p78 (0042.jp2)
  27. 第2節 小括および考察 / p83 (0044.jp2)
  28. 第六章 総括および結論 / p85 (0045.jp2)
  29. 総括 / p85 (0045.jp2)
  30. 結論 / p87 (0046.jp2)
  31. 謝辞 / p89 (0047.jp2)
  32. 略語表 / p90 (0048.jp2)
  33. 参考文献 / p92 (0049.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080613
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080820
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244927
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ