労働の疎外と市民社会 : 初期マルクス経済学の研究

この論文をさがす

著者

    • 原田, 実, 1942- ハラダ, ミノル

書誌事項

タイトル

労働の疎外と市民社会 : 初期マルクス経済学の研究

著者名

原田, 実, 1942-

著者別名

ハラダ, ミノル

学位授与大学

立教大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第110号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はしがき / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章『経済学・哲学草稿』における労働の疎外と経済学批判 / p11 (0009.jp2)
  3. 第一節 労働の疎外と私的所有 / p13 (0010.jp2)
  4. 第二節「私的所有の起源にかんする問題」について / p31 (0019.jp2)
  5. 第三節 労働の疎外と労働一般の形成 / p54 (0031.jp2)
  6. 第四節 労働の疎外と経済的諸範疇の批判 / p72 (0040.jp2)
  7. 第二章「ミル評注」における貨幣と私的所有の外在化 / p89 (0048.jp2)
  8. 第一節 貨幣の本質について / p91 (0049.jp2)
  9. 第二節 私的所有の外在化について / p102 (0055.jp2)
  10. 第三章 分業と労働の疎外 / p113 (0060.jp2)
  11. 第一節 分業と抽象的労働 / p115 (0061.jp2)
  12. 第二節「ミル評注」における分業論 / p119 (0063.jp2)
  13. 第三節『経済学・哲学草稿』第三草稿における分業論について / p127 (0067.jp2)
  14. 第四章 唯物史観と物象化 / p141 (0074.jp2)
  15. 第一節 開題の所在―『経済学批判』「序言」における唯物史観― / p143 (0075.jp2)
  16. 第二節『ドイツ・イデオロギー』の物象化論 / p152 (0080.jp2)
  17. 第三節 唯物史観の形成におけるエンゲルス主導説について / p170 (0089.jp2)
  18. 第五章『経済学・哲学草稿』の分業論と『ドイツ・イデオロギー』の分業論 / p181 (0094.jp2)
  19. 第六章 分業と交通形態 / p193 (0100.jp2)
  20. 第一節 機械大工業のもとでの交通 / p195 (0101.jp2)
  21. 第二節 いわゆる「人間なるもの」の根拠について / p203 (0105.jp2)
  22. 第七章 市民社会と国家 / p211 (0109.jp2)
  23. 第一節『ドイツ・イデオロギー』における市民社会概念について / p213 (0110.jp2)
  24. 第二節 共同利害と幻想的共同利害 / p227 (0117.jp2)
  25. 附論『哲学の貧困』における経済学批判の方法について / p261 (0134.jp2)
  26. はじめに / p263 (0135.jp2)
  27. 第一節 経済学批判と機械大工業 / p267 (0137.jp2)
  28. 第二節 機械大工業と価値法則 / p272 (0140.jp2)
  29. 第三節 機械大工業と分業および土地所有 / p280 (0144.jp2)
  30. あとがき / p287 (0147.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080668
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001002817
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244982
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ