醤油醸造へのバイオリアクターの応用

この論文をさがす

著者

    • 福島, 弥一 フクシマ, ヤイチ

書誌事項

タイトル

醤油醸造へのバイオリアクターの応用

著者名

福島, 弥一

著者別名

フクシマ, ヤイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第7647号

学位授与年月日

1991-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 第1部 麹菌連続培養法の確立と酵素生産 / p5 (0010.jp2)
  5. 第1章 耐塩性麹菌によるプロテアーゼの連続生産 / p6 (0011.jp2)
  6. 第1節 実験方法 / p6 (0011.jp2)
  7. 第2節 結果および考察 / p8 (0012.jp2)
  8. 1.耐塩性麹菌のスクリーニング / p8 (0012.jp2)
  9. 2.プロテアーゼ生産に及ぼす窒素、炭素源の影響 / p9 (0012.jp2)
  10. 3.プロテアーゼ生産に及ぼす大豆精製タンパク質の濃度の効果 / p11 (0013.jp2)
  11. 4.炭素源を制限因子とする連続培養 / p12 (0014.jp2)
  12. 5.各種培養法によるプロテアーゼ生産性の比較 / p15 (0015.jp2)
  13. 第3節 摘要 / p16 (0016.jp2)
  14. 第2章 菌糸の形態変化と攬拌に対する抵抗力 / p17 (0016.jp2)
  15. 第1節 実験方法 / p17 (0016.jp2)
  16. 第2節 結果および考察 / p20 (0018.jp2)
  17. 1.連続培養中の菌糸の形態変化とプロテアーゼ生産 / p20 (0018.jp2)
  18. 2.連続培養立ち上げ時の培養条件の検討 / p23 (0019.jp2)
  19. 3.立ち上げ時の限界攬拌速度と通気中の酸素分圧の影響 / p24 (0020.jp2)
  20. 4.定常状態での攬拌の影響 / p26 (0021.jp2)
  21. 5.プロテアーゼ生産に及ぼす溶存酸素濃度の影響 / p29 (0022.jp2)
  22. 6.比増殖速度と限界攬拌速度の関係 / p30 (0023.jp2)
  23. 7.200L培養槽での連続培養 / p30 (0023.jp2)
  24. 第3節 摘要 / p33 (0024.jp2)
  25. 第3章 連続培養によって生産される酵素の組成と希釈率の関係 / p34 (0025.jp2)
  26. 第1節 実験方法 / p34 (0025.jp2)
  27. 第2節 結果および考察 / p34 (0025.jp2)
  28. 1.連続培養と固体培養における種々の酵素生産の比較 / p34 (0025.jp2)
  29. 2.麹菌の最大比増殖速度の測定 / p36 (0026.jp2)
  30. 3.タンパク質分解酵素生産と希釈率の関係 / p37 (0026.jp2)
  31. 4.デンプン分解酵素と希釈率の関係 / p38 (0027.jp2)
  32. 5.核酸分解酵素と希釈率の関係 / p38 (0027.jp2)
  33. 6.種々の酵素生産に及ぼす最適希釈率の比較 / p38 (0027.jp2)
  34. 第3節 摘要 / p41 (0028.jp2)
  35. 第4章 プロテアーゼ生産に及ぼす油脂の促進効果 / p42 (0029.jp2)
  36. 第1節 実験方法 / p42 (0029.jp2)
  37. 第2節 結果および考察 / p43 (0029.jp2)
  38. 1.連続培養中のプロテアーゼ生産に及ぼす醤油油の効果 / p43 (0029.jp2)
  39. 2.プロテアーゼ生産に及ぼす醤油油とデンプンの効果の比較 / p45 (0030.jp2)
  40. 3.回分培養での油脂と脂肪酸の効果 / p46 (0031.jp2)
  41. 4.連続培養中のプロテアーゼ生産に及ぼす種々の油脂の効果 / p48 (0032.jp2)
  42. 5.洗浄菌体によるプロテアーゼとα-アミラーゼ生産に及ぼすTween80の効果 / p51 (0033.jp2)
  43. 第3節 摘要 / p52 (0034.jp2)
  44. 第5章 プロテアーゼ合成の制御機構の解明と油脂とタンパク質の分泌促進効果 / p53 (0034.jp2)
  45. 第1節 実験方法 / p53 (0034.jp2)
  46. 第2節 結果および考察 / p54 (0035.jp2)
  47. 1.アルカリプロテアーゼ合成に及ぼす炭素、硫黄、窒素源の効果 / p54 (0035.jp2)
  48. 2.アルカリプロテアーゼの生産に及ぼす油脂、タンパク質の効果 / p54 (0035.jp2)
  49. 第3節 摘要 / p57 (0036.jp2)
  50. 第6章 連続培養液による醤油原料の分解 / p58 (0037.jp2)
  51. 第1節 実験方法 / p58 (0037.jp2)
  52. 第2節 結果および考察 / p59 (0037.jp2)
  53. 1.タンパク質原料の分解に及ぼすプロテアーゼ活性の影響 / p59 (0037.jp2)
  54. 2.タンパク質原料の分解に及ぼす菌体の影響 / p59 (0037.jp2)
  55. 3.連続培養液を使用した醤油の試醸 / p60 (0038.jp2)
  56. 第3節 摘要 / p62 (0039.jp2)
  57. 第2部 生醤油からの酵素の回収 / p63 (0039.jp2)
  58. 第7章 ペプスタチンアフィニティクロマトグラフィによる生醤油からの酸性プロテアーゼの回収 / p64 (0040.jp2)
  59. 第1節 実験方法 / p64 (0040.jp2)
  60. 第2節 結果および考察 / p66 (0041.jp2)
  61. 1.酸性プロテアーゼの吸着溶出に及ぼすスペーサーの長さの効果 / p66 (0041.jp2)
  62. 2.酸性プロテアーゼの溶出条件 / p68 (0042.jp2)
  63. 3.溶出された酸性プロテアーゼの酵素化学的性質 / p70 (0043.jp2)
  64. 第3節 摘要 / p76 (0046.jp2)
  65. 第3部 固定化微生物の醤油醸造への応用 / p77 (0046.jp2)
  66. 第8章 コロイド状シリカとアルギン酸の混合ゲルによる新しい固定化法 / p78 (0047.jp2)
  67. 第1節 実験方法 / p78 (0047.jp2)
  68. 第2節 結果および考察 / p81 (0048.jp2)
  69. 1.ゲルの強度と構造 / p81 (0048.jp2)
  70. 2.固定化酵母によるエタノール生産 / p83 (0049.jp2)
  71. 3.タンパク質の固定化 / p88 (0052.jp2)
  72. 4.各種アミノ酸の分配係数と拡散係数 / p90 (0053.jp2)
  73. 5.アルカリプロテアーゼおよびβ-ガラクトシダーゼの固定化 / p91 (0053.jp2)
  74. 第3節 摘要 / p95 (0055.jp2)
  75. 第9章 固定化グルタミナーゼによるグルタミン酸への連続変換反応 / p96 (0056.jp2)
  76. 第1節 実験方法 / p96 (0056.jp2)
  77. 第2節 結果および考察 / p98 (0057.jp2)
  78. 1.固定化グルタミナーゼに及ぼす食塩の影響 / p98 (0057.jp2)
  79. 2.連続酵素反応による固定化担体の比較 / p99 (0057.jp2)
  80. 3.反応温度と固定化酵素の半減期 / p100 (0058.jp2)
  81. 4.タンパク質加水分解液中のグルタミン酸増強試験 / p101 (0058.jp2)
  82. 第3節 摘要 / p102 (0059.jp2)
  83. 総合考察 / p103 (0059.jp2)
  84. 総摘要 / p112 (0064.jp2)
  85. 謝辞 / p115 (0065.jp2)
  86. 参考文献 / p116 (0066.jp2)
  87. 関係報文 / p124 (0070.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080740
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080947
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245054
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ