微生物による水溶性切削剤の劣化機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大川, 直士 オオカワ, タダシ

書誌事項

タイトル

微生物による水溶性切削剤の劣化機構に関する研究

著者名

大川, 直士

著者別名

オオカワ, タダシ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第668号

学位授与年月日

1991-10-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 エマルション型切削剤の劣化過程における好気性細菌の動態 / p5 (0007.jp2)
  4. 第1節 序 / p5 (0007.jp2)
  5. 第2節 実験方法 / p6 (0008.jp2)
  6. 第3節 実験結果および考察 / p9 (0009.jp2)
  7. 1.好気性細菌の分離と分離菌の増殖に及ぼすpHの影響 / p9 (0009.jp2)
  8. 2.切削剤中での分離菌の増殖と切削剤のpHの低下 / p14 (0012.jp2)
  9. 3.分離菌による切削剤成分の分解について / p15 (0012.jp2)
  10. 第4節 まとめ / p19 (0014.jp2)
  11. 第2章 Pseudomonas属細菌によるN-アルキルスルホニルアミノカルボン酸(ASAC)の分解機構について / p20 (0015.jp2)
  12. 第1節 序 / p20 (0015.jp2)
  13. 第2節 実験方法 / p20 (0015.jp2)
  14. 第3節 実験結果および考察 / p24 (0017.jp2)
  15. 1.No.2株による ASACの分解の確認 / p24 (0017.jp2)
  16. 2.ASACの加水分解 / p25 (0017.jp2)
  17. 3.アルキルスルホン酸の分解機構 / p28 (0019.jp2)
  18. 第4節 まとめ / p33 (0021.jp2)
  19. 第3章 Pseudomonas属細菌による脂肪酸ジエタノールアミド(FADEA)の分解機構について / p35 (0022.jp2)
  20. 第1節 序 / p35 (0022.jp2)
  21. 第2節 実験方法 / p35 (0022.jp2)
  22. 第3節 実験結果および考察 / p37 (0023.jp2)
  23. 1.FADEAの分解機構 / p37 (0023.jp2)
  24. 2.No.2株の増殖に及ぼすモノエタノールアミン(MEA)の影響 / p40 (0025.jp2)
  25. 第4節 まとめ / p41 (0025.jp2)
  26. 第4章 ホルムアルデヒド放出型防腐剤を含む切削剤が微生物汚染によって劣化する機構について / p42 (0026.jp2)
  27. 第1節 序 / p42 (0026.jp2)
  28. 第2節 実験方法 / p42 (0026.jp2)
  29. 第3節 実験結果および考察 / p46 (0028.jp2)
  30. 1.ホルムアルデヒド耐性菌および感受性菌の分離 / p46 (0028.jp2)
  31. 2.Bestcide 1087Tの抗菌活性が低下する機構 / p50 (0030.jp2)
  32. 3.ホルムアルデヒド耐性菌と感受性菌による切削剤の劣化機構 / p51 (0030.jp2)
  33. 第4節 まとめ / p53 (0031.jp2)
  34. 第5章 ソリューション型切削剤の微生物汚染と劣化について / p54 (0032.jp2)
  35. 第1節 序 / p54 (0032.jp2)
  36. 第2節 実験方法 / p54 (0032.jp2)
  37. 第3節 実験結果および考察 / p57 (0033.jp2)
  38. 1.細菌の分離と同定 / p57 (0033.jp2)
  39. 2.分離菌の切削剤成分の資化性について / p61 (0035.jp2)
  40. 3.分離菌による切削剤の劣化 / p65 (0037.jp2)
  41. 第4節 まとめ / p66 (0038.jp2)
  42. 第6章 微生物による切削剤の劣化の評定法の開発 / p67 (0038.jp2)
  43. 第1節 序 / p67 (0038.jp2)
  44. 第2節 実験方法 / p67 (0038.jp2)
  45. 第3節 実験結果および考察 / p70 (0040.jp2)
  46. 1.切削剤中のアミノ酸およびアンモニアの定量 / p70 (0040.jp2)
  47. 2.微生物による切削剤の劣化とpH、アミノ酸およびアンモニア濃度の変化 / p72 (0041.jp2)
  48. 3.切削剤の劣化を評定する方法 / p74 (0042.jp2)
  49. 第4節 まとめ / p76 (0043.jp2)
  50. 総合考察 / p78 (0044.jp2)
  51. 謝辞 / p83 (0046.jp2)
  52. 文献 / p84 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080783
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080990
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245097
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ