岐散花序の構成と発達並びにその制御

この論文をさがす

著者

    • 林, 孝洋 ハヤシ, タカヒロ

書誌事項

タイトル

岐散花序の構成と発達並びにその制御

著者名

林, 孝洋

著者別名

ハヤシ, タカヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第7699号

学位授与年月日

1991-11-25

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第7699号

論農博第1718号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章 本研究の方法論 / p4 (0007.jp2)
  5. 第1節 花序の構造とその階層性 / p4 (0007.jp2)
  6. 第2節 花序発達の規則性と種の特異性並びに可変性 / p6 (0008.jp2)
  7. 第2章 ベゴニア・センパフローレンス(Begonia semperflorens)の花序の構成と発達 / p7 (0008.jp2)
  8. 第1節 生長と花序発達の季節変動 / p7 (0008.jp2)
  9. 第2節 要因試験 / p17 (0013.jp2)
  10. 1.摘葉処理が生長と花序発達に及ぼす影響 / p17 (0013.jp2)
  11. 2.減光処理が生長と花序発達に及ぼす影響 / p20 (0015.jp2)
  12. 3.温度・日長処理が生長と花序発達に及ぼす影響 / p22 (0016.jp2)
  13. 4.生長調節物質散布処理が生長と花序発達に及ぼす影響 / p25 (0017.jp2)
  14. 第3節 形態観察 / p27 (0018.jp2)
  15. 第4節 ベゴニア・センパフローレンス花序の構成と発達特性(要約) / p29 (0019.jp2)
  16. 第3章 ベゴニア・ルツェルナ(Begonia×lucerna hort.)の花序の構成と発達並びにその制御 / p31 (0020.jp2)
  17. 第1節 形態観察 / p31 (0020.jp2)
  18. 第2節 株の大きさと減光処理が花序発達に及ぼす影響 / p39 (0024.jp2)
  19. 第3節 BA散布処理による花序発達の制御 / p44 (0027.jp2)
  20. 第4節 ベゴニア・ルツェルナ花序の構成と発達特性(要約) / p45 (0027.jp2)
  21. 第4章 ポインセチア(Euphorbia pulcherrima Willd.)の複合花序の構成と発達並びにその制御 / p47 (0028.jp2)
  22. 第1節 複合花序の構成と発達 / p47 (0028.jp2)
  23. 第2節 減光処理が複合花序の発達に及ぼす影響 / p57 (0033.jp2)
  24. 第3節 出荷適期について / p61 (0035.jp2)
  25. 第4節 開花株の栄養生長への転換過程の観察 / p63 (0036.jp2)
  26. 第5節 サイトカイニン散布処理による複合花序の発達制御 / p68 (0039.jp2)
  27. 第6節 ポインセチアの複合花序の構成と発達特性(要約) / p71 (0040.jp2)
  28. 第5章 カランコエ(Kalanchoe blossfeldiana Poelln.)の花序の構成と発達 / p73 (0041.jp2)
  29. 第1節 花序発達の規則性と可変性 / p73 (0041.jp2)
  30. 第2節 減光処理が花序発達に及ぼす影響 / p83 (0046.jp2)
  31. 第3節 カランコエ花序の構成と発達特性(要約) / p86 (0048.jp2)
  32. 第6章 シュクコンカスミソウ(Gypsophila paniculata L.)の花序の構成と発達並びにその制御 / p88 (0049.jp2)
  33. 第1節 花序発達の規則性と可変性 / p88 (0049.jp2)
  34. 第2節 パス解析による収量解析 / p97 (0053.jp2)
  35. 第3節 サイトカイニン散布処理による花序発達の制御 / p103 (0056.jp2)
  36. 1.BAの散布時期が側枝の発生に及ぼす影響 / p103 (0056.jp2)
  37. 2.BA散布処理が花序の構成に及ぼす影響 / p108 (0059.jp2)
  38. 第4節 シュクコンカスミソウ花序の構成と発達特性(要約) / p112 (0061.jp2)
  39. 第7章 岐散花序の発達のモデル化 / p113 (0061.jp2)
  40. 第1節 種による花序発達の特異性と可変性 / p113 (0061.jp2)
  41. 1.同化産物の花序への分配量 / p113 (0061.jp2)
  42. 2.性表現 / p115 (0062.jp2)
  43. 3.花序の着生方向 / p115 (0062.jp2)
  44. 4.花序軸の分岐角度 / p115 (0062.jp2)
  45. 5.小花の大きさの可変性 / p116 (0063.jp2)
  46. 第2節 花序の発達モデル / p118 (0064.jp2)
  47. 第3節 花序のフラクタル次元 / p122 (0066.jp2)
  48. 第4節 要約 / p124 (0067.jp2)
  49. 第8章 総括 / p125 (0067.jp2)
  50. 引用文献 / p130 (0070.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080890
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081097
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245204
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ