浸透挙動の予測に含まれる不確定性に対処できる設計法についての研究 : ファジィ理論の利用

この論文をさがす

著者

    • 大野, 研 オオノ, ケン

書誌事項

タイトル

浸透挙動の予測に含まれる不確定性に対処できる設計法についての研究 : ファジィ理論の利用

著者名

大野, 研

著者別名

オオノ, ケン

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第7700号

学位授与年月日

1991-11-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-1 不確定性の定義 / p1 (0009.jp2)
  5. 1-2 土構造物設計時に含まれる不確定性 / p1 (0009.jp2)
  6. 1-3 不確定性に対する対応策 / p6 (0012.jp2)
  7. 1-4 不確定性を取り扱う際の数学的概念 / p7 (0012.jp2)
  8. 1-5 本研究の目的 / p10 (0014.jp2)
  9. 1-6 従来の研究の概要 / p11 (0014.jp2)
  10. 第2章 飽和透水係数を推定する際の不確定性 / p15 (0017.jp2)
  11. 2-1 概説 / p15 (0017.jp2)
  12. 2-2 飽和透水試験結果に含まれる不確定性 / p16 (0018.jp2)
  13. 2-3 アンケート調査 / p18 (0019.jp2)
  14. 2-4 今後のデータ収集方法について / p26 (0023.jp2)
  15. 2-5 アンケート結果を利用した透水試験結果の評価と考察 / p29 (0024.jp2)
  16. 2-6 結語 / p32 (0026.jp2)
  17. 第3章 定常浸透流の逆解析による飽和透水係数の同定 / p35 (0028.jp2)
  18. 3-1 概説 / p35 (0028.jp2)
  19. 3-2 解析方法 / p36 (0029.jp2)
  20. 3-3 結果と考察 / p41 (0031.jp2)
  21. 3-4 結語 / p46 (0034.jp2)
  22. 第4章 飽和透水係数に含まれる不確定性を考慮できる定常浸透流解析 / p51 (0037.jp2)
  23. 4-1 概説 / p51 (0037.jp2)
  24. 4-2 解析方法 / p52 (0038.jp2)
  25. 4-3 結果と考察 / p57 (0040.jp2)
  26. 4-4 結語 / p63 (0043.jp2)
  27. 第5章 不飽和浸透特性に含まれる不確定性を考慮できる定常浸透流解析 / p65 (0045.jp2)
  28. 5-1 概説 / p65 (0045.jp2)
  29. 5-2 解析方法 / p66 (0046.jp2)
  30. 5-3 「妥当と思われる不飽和透水係数」の決定 / p67 (0046.jp2)
  31. 5-4 有限要素定式化 / p69 (0047.jp2)
  32. 5-5 実験方法 / p74 (0050.jp2)
  33. 5-6 結果と考察 / p75 (0050.jp2)
  34. 5-7 結語 / p78 (0052.jp2)
  35. 第6章 非定常浸透流の逆解析による飽和透水係数と不飽和浸透特性の同定 / p83 (0055.jp2)
  36. 6-1 概説 / p83 (0055.jp2)
  37. 6-2 解析方法 / p84 (0056.jp2)
  38. 6-3 逆解析のための前提 / p85 (0056.jp2)
  39. 6-4 逆解析問題の定義 / p85 (0056.jp2)
  40. 6-5 実験方法 / p91 (0059.jp2)
  41. 6-6 結果と考察 / p91 (0059.jp2)
  42. 6-7 結語 / p96 (0062.jp2)
  43. 第7章 不確定性を含む浸透特性を考慮できる非定常浸透流解析 / p99 (0064.jp2)
  44. 7-1 概説 / p99 (0064.jp2)
  45. 7-2 解析方法 / p100 (0065.jp2)
  46. 7-3 実験方法 / p101 (0065.jp2)
  47. 7-4 結果と考察 / p103 (0066.jp2)
  48. 7-5 結語 / p106 (0068.jp2)
  49. 第8章 不確定性を考慮した土構造物の安全性の評価について / p109 (0070.jp2)
  50. 8-1 概説 / p109 (0070.jp2)
  51. 8-2 解析方法 / p110 (0071.jp2)
  52. 8-3 安全性の評価の方法 / p112 (0072.jp2)
  53. 8-4 結果と考察 / p113 (0072.jp2)
  54. 8-5 結語 / p126 (0079.jp2)
  55. 第9章 結論 / p129 (0081.jp2)
  56. 参考文献 / p135 (0085.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080891
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081098
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245205
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ