Clinical significance of the measurement of hepatic blood flow using xenon 133 and balloon catheter in patients undergoing treatment for hepatocellular carcinoma 肝細胞癌の治療法選択における[133]Xe組織クリアランス法とバルーンカテーテルによる肝血流量測定の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 宮内, 聡一郎 ミヤウチ, ソウイチロウ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of the measurement of hepatic blood flow using xenon 133 and balloon catheter in patients undergoing treatment for hepatocellular carcinoma

タイトル別名

肝細胞癌の治療法選択における[133]Xe組織クリアランス法とバルーンカテーテルによる肝血流量測定の臨床的意義

著者名

宮内, 聡一郎

著者別名

ミヤウチ, ソウイチロウ

学位授与大学

愛媛大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第137号

学位授与年月日

1991-06-06

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080941
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081149
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245255
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ