1-Methyl-(S)-4,5-dihydroorotyl-L-histidyl-L-prolineamide(TA-0910)の中枢賦活作用に関する薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 山村, 道夫 ヤマムラ, ミチオ

書誌事項

タイトル

1-Methyl-(S)-4,5-dihydroorotyl-L-histidyl-L-prolineamide(TA-0910)の中枢賦活作用に関する薬理学的研究

著者名

山村, 道夫

著者別名

ヤマムラ, ミチオ

学位授与大学

京都薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第39号

学位授与年月日

1991-09-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第I章 Isoquinoline,imidazolidineおよびdihydroorotic acid含有TRH類縁体の中枢作用に関する構造活性相関 / p4 (0011.jp2)
  4. 1.実験材料および実験方法 / p5 (0012.jp2)
  5. 2.実験成績 / p8 (0015.jp2)
  6. 3.考察 / p15 (0022.jp2)
  7. 4.小括 / p15 (0022.jp2)
  8. 第II章 TA-0910およびTRHの中枢賦活作用 / p17 (0024.jp2)
  9. 1.実験動物および実験方法 / p17 (0024.jp2)
  10. 2.実験成績 / p19 (0026.jp2)
  11. 3.考察 / p26 (0033.jp2)
  12. 4.小括 / p27 (0034.jp2)
  13. 第III章 TA-0910の運動量増加作用におけるdopamine神経系の関与 / p28 (0035.jp2)
  14. 1.実験材料および実験方法 / p28 (0035.jp2)
  15. 2.実験成績 / p33 (0040.jp2)
  16. 3.考察 / p36 (0043.jp2)
  17. 4.小括 / p38 (0045.jp2)
  18. 第IV章 中枢dopamine(DA)神経系におけるTA-0910の作用様式 / p40 (0047.jp2)
  19. 1.実験材料および実験方法 / p40 (0047.jp2)
  20. 2.実験成績 / p42 (0049.jp2)
  21. 3.考察 / p46 (0053.jp2)
  22. 4.小括 / p47 (0054.jp2)
  23. 第V章 TA-0910のpentobarbital麻酔拮抗作用におけるacetylcholine(ACh)神経系の関与 / p48 (0055.jp2)
  24. 1.実験材料および実験方法 / p48 (0055.jp2)
  25. 2.実験成績 / p52 (0059.jp2)
  26. 3.考察 / p58 (0065.jp2)
  27. 4.小括 / p61 (0068.jp2)
  28. 第VI章 TA-0910の記憶障害改善作用 / p62 (0069.jp2)
  29. 1.実験材料および実験方法 / p63 (0070.jp2)
  30. 2.実験成績 / p70 (0077.jp2)
  31. 3.考察 / p78 (0085.jp2)
  32. 4.小括 / p81 (0088.jp2)
  33. 結語 / p82 (0089.jp2)
  34. 要旨 / p83 (0090.jp2)
  35. 謝辞 / p87 (0094.jp2)
  36. 引用文献 / p88 (0095.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080949
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081157
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245263
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ