暖温帯性自然林の動態に関する植生学的研究

この論文をさがす

著者

    • 磯谷, 達宏, 1961- イソガイ, タツヒロ

書誌事項

タイトル

暖温帯性自然林の動態に関する植生学的研究

著者名

磯谷, 達宏, 1961-

著者別名

イソガイ, タツヒロ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第66号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I.序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.問題の所在 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.従来の研究 / p2 (0008.jp2)
  5. 3.本研究の目的 / p7 (0013.jp2)
  6. II.対象と方法 / p9 (0015.jp2)
  7. 1.調査地の選定と概要 / p9 (0015.jp2)
  8. 2.群落調査の対象 / p15 (0021.jp2)
  9. 3.調査方法 / p16 (0022.jp2)
  10. 4.発達段階による小林分の分類法 / p18 (0024.jp2)
  11. III.各調査林分の植生帯上の位置づけ / p19 (0025.jp2)
  12. 1.優占型による位置づけ / p19 (0025.jp2)
  13. 2.組成による位置づけ / p20 (0026.jp2)
  14. 3.まとめ / p24 (0030.jp2)
  15. IV.拠点調査地における小林分の動態 / p25 (0031.jp2)
  16. 1.函南原生林のアカガシ林 / p25 (0031.jp2)
  17. 2.竜良山原始林のスダジイ・イスノキ林 / p34 (0040.jp2)
  18. 3.御蔵島のスダジイ林 / p46 (0052.jp2)
  19. V.小林分の動態に関わる諸因子の緯度的変化様式 / p53 (0059.jp2)
  20. 1.直接環境傾度分冊のための気候指数 / p53 (0059.jp2)
  21. 2.成熟相における諸因子の緯度的変化様式 / p54 (0060.jp2)
  22. 3.ギャップ相における諸因子の緯度的変化様式 / p56 (0062.jp2)
  23. 4.建設相における諸因子の緯度的変化様式 / p57 (0063.jp2)
  24. 5.まとめ / p58 (0064.jp2)
  25. VI.総合考察および結論 / p61 (0067.jp2)
  26. 1.暖温帯沿海域における自然林の動態 / p61 (0067.jp2)
  27. 2.小林分の動態からみた常緑広葉樹林帯の緯度的サブゾーン / p64 (0070.jp2)
  28. 3.本研究の意義と今後の課題 / p66 (0072.jp2)
  29. 摘要 / p67 (0073.jp2)
  30. 謝辞 / p73 (0079.jp2)
  31. 引用文献 / p74 (0080.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080952
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012317
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245266
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ