固体及び固体-分子系の局所領域に於けるエネルギー緩和と動力学

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 正人 スズキ, マサト

書誌事項

タイトル

固体及び固体-分子系の局所領域に於けるエネルギー緩和と動力学

著者名

鈴木, 正人

著者別名

スズキ, マサト

学位授与大学

広島大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

乙第2174号

学位授与年月日

1991-09-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第O章 はじめに / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 一次元共役高分子の鎖端の原子配置及び電子構造に関する新理論 / p3 (0009.jp2)
  4. 1-1 序論 / p3 (0009.jp2)
  5. 1-2 局所領域の平衡原子配置 / p5 (0011.jp2)
  6. 1-3 リカージョン法 / p13 (0019.jp2)
  7. 1-4 一次元共役分子の結合交替に対する末端効果 / p18 (0024.jp2)
  8. 1-5 結論 / p33 (0039.jp2)
  9. 第2章 表面に於ける分子から固体への電荷移動の動力学 / p34 (0040.jp2)
  10. 2-1 序論 / p34 (0040.jp2)
  11. 2-2 実験及び理論の現状 / p35 (0041.jp2)
  12. 2-3 ファノ=アンダーソン模型 / p42 (0048.jp2)
  13. 2-4 非断熱性と不可逆性 / p46 (0052.jp2)
  14. 2-5 結論 / p59 (0065.jp2)
  15. 第3章 ハロゲン架橋型混合原子価金属錯体に於ける励起子の非線形格子緩和,自己束縛,ソリトン,ポーラロン / p63 (0069.jp2)
  16. 3-1 序論 / p63 (0069.jp2)
  17. 3-2 電荷密度波状態に於ける励起子の緩和 / p65 (0071.jp2)
  18. 3-3 実験的研究の現状 / p70 (0076.jp2)
  19. 3-4 6パラメータ模型 / p73 (0079.jp2)
  20. 3-5 自己束縛励起子 / p79 (0085.jp2)
  21. 3-6 ソリトン型緩和 / p83 (0089.jp2)
  22. 3-7 ポーラロン型緩和 / p88 (0094.jp2)
  23. 3-8 結論 / p97 (0103.jp2)
  24. 第4章 電荷密度波状態に於ける励起子の自己増殖,次元性 / p98 (0104.jp2)
  25. 4-1 序論 / p98 (0104.jp2)
  26. 4-2 非線形格子緩和と自己増殖 / p98 (0104.jp2)
  27. 4-3 拡張パイエルス=葉ハバード模型 / p103 (0109.jp2)
  28. 4-4 一次元CDWでの緩和 / p105 (0111.jp2)
  29. 4-5 二次元CDWでの緩和 / p109 (0115.jp2)
  30. 謝辞 / p117 (0123.jp2)
  31. 参照文献 / p118 (0124.jp2)
  32. A STUDY OF RADIATIONLESS TRANSITIONS FOR A MORSE OSCILLATOR USING A NUMERICAL INTEGRATION METHOD / p70 (0130.jp2)
  33. Application of the Recursion Method to the Study of the End Effects on the Bond Length Alternation in Polyacetylene / p613 (0132.jp2)
  34. Dynamics of charge transfer from molecule to semiconductor at surface:Numerical method for nonadiabaticity and irreversibility in discrete-continuum transition / p4576 (0141.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080975
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081183
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245289
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ