Neumann-Kelvin的に取り扱った肥大船の波浪中抵抗増加に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 河, 文根 ハ, ムンクン

書誌事項

タイトル

Neumann-Kelvin的に取り扱った肥大船の波浪中抵抗増加に関する研究

著者名

河, 文根

著者別名

ハ, ムンクン

学位授与大学

広島大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2179号

学位授与年月日

1991-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 線形理論における速度ポテンシャル / p5 (0009.jp2)
  4. 2.1 境界条件 / p5 (0009.jp2)
  5. 2.2 速度ポテンシャル表示式と積分方程式 / p9 (0013.jp2)
  6. 第3章 速度ポテンシャルの漸近形と線積分による特異性 / p12 (0016.jp2)
  7. 3.1 速度ポテンシャルの漸近形とKochin関数 / p12 (0016.jp2)
  8. 3.2 グリーン関数の一重積分表示式と要素内部積分 / p16 (0020.jp2)
  9. 3.3 線積分を含んだ速度ポテンシャルの特異性について / p19 (0023.jp2)
  10. 3.4 数値計算結果及び考察 / p22 (0026.jp2)
  11. 第4章 波浪中で物体が受ける抵抗増加 / p26 (0030.jp2)
  12. 4.1 運動量理論による抵抗増加(丸尾公式) / p26 (0030.jp2)
  13. 4.2 Neumann-Kelvin問題における運動量理論による抵抗増加 / p34 (0038.jp2)
  14. 4.3 圧力積分による抵抗増加 / p41 (0045.jp2)
  15. 第5章 数値計算と実験結果及び考察 / p44 (0048.jp2)
  16. 5.1 波浪中抵抗増加の実験 / p44 (0048.jp2)
  17. 5.2 Neumann-Kelvin問題において線積分を無視した場合の理論計算結果 / p45 (0049.jp2)
  18. 5.3 Neumann-Kelvin問題を扱った場合の理論計算結果と実験結果(低速の場合) / p47 (0051.jp2)
  19. 5.4 Neumann-Kelvin問題を扱った場合の理論計算結果(比較的高速の場合) / p51 (0055.jp2)
  20. 第6章 結論 / p54 (0058.jp2)
  21. 謝辞 / p56 (0060.jp2)
  22. 参考文献 / p57 (0061.jp2)
  23. 主要な記号説明 / p60 (0064.jp2)
  24. 図表一覧 / p63 (0067.jp2)
  25. 図表 / p68 (0072.jp2)
  26. 付録 / p127 (0131.jp2)
  27. 付録A 自由表面条件 / p127 (0131.jp2)
  28. 付録B 自由表面に接する帯部での速度ポテンシャルと速度成分の収束性について / p134 (0138.jp2)
  29. 付録C Neumann-Kelvin問題のinconsistencyに対する検討 / p140 (0144.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080980
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081188
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245294
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ