X線照射された広東住血線虫第3期幼虫のラットへの感染性,発育並びにその食品衛生学的考察

この論文をさがす

著者

    • 藤生, 好則 フジウ, ヨシノリ

書誌事項

タイトル

X線照射された広東住血線虫第3期幼虫のラットへの感染性,発育並びにその食品衛生学的考察

著者名

藤生, 好則

著者別名

フジウ, ヨシノリ

学位授与大学

麻布大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第301号

学位授与年月日

1991-11-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0010.jp2)
  2. 1.主論文 / (0013.jp2)
  3. X線照射された広東住血線虫第3期幼虫のラットヘの感染性、発育並びにその食品衛生学的考察 / p1 (0014.jp2)
  4. 2.外国語(英語)による主論文要旨 / (0047.jp2)
  5. Infectivity and development of X-irradiated thied-stage larvae of Angiostrongylus cantonensis in rats,and the singificance for food sanitation. / p1 (0048.jp2)
  6. 3.表 / (0071.jp2)
  7. I.表1.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラットの体重、心肺重(実験1,各群平均値) / (0072.jp2)
  8. II.表2.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラットからの回収虫体数及び第1期幼虫排出の有無(実験1,各群平均値) / (0073.jp2)
  9. III.表3.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラットの体重、心肺重(実験2,各群平均値) / (0074.jp2)
  10. IV.表4.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラットからの回収虫体数及び1雌当りの第1期幼虫排出数(実験2,各群平均値) / (0075.jp2)
  11. V.表5.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラットの肺から回収した虫体の長さ(実験2,各群平均値) / (0076.jp2)
  12. VI.表6.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後10週目のラット体重の変化(実験1,各群の個体実測値) / (0077.jp2)
  13. VII.表7.X線照射された広東住血線虫第3期幼虫感染後1O週目における回収虫体の長さ(実験2,各群の個体実測値) / (0084.jp2)
  14. 4.図 / (0098.jp2)
  15. I.図1.広東住血線虫第3期幼虫感染後のラットの体重の変化(実験1, 1週ごとの各群平均値) / (0099.jp2)
  16. II.図2.線量一作用曲線と50%影響線量値(実験2) / (0100.jp2)
  17. 5.写真 / (0101.jp2)
  18. I.写真1.広東住血線虫第3期幼虫感染後のラットの肺の肉眼病変(実験1) / (0102.jp2)
  19. II.写真2.広東住血線虫第3期幼虫感染後のラットの肺の肉眼病変(実験2) / (0109.jp2)
  20. 参考論文目録 / (0012.jp2)
  21. 東海地方の宮崎肺吸虫 / p16 (0145.jp2)
  22. 静岡県における肺吸虫の調査(2) / p27 (0150.jp2)
  23. EXPERIMENTAL LIGHT INFECTION OF ANGIOSTRONGYLUS CANTONENSIS IN HAMSTERS / (0162.jp2)
  24. 寄生虫症の化学療法に関する研究(II)各種寄生蠕虫および宿主臓器の自動運動に及ぼすAvermectin B₁a の影響 / p57 (0169.jp2)
  25. Studies on chemotherapy of parasitic helminths (IX). Effects of praziquantel on the motility of various parasitic helminths and isolated host tissues / p549 (0181.jp2)
  26. と畜場で見られる豚の回腸炎の病理学的観察 / p667 (0187.jp2)
  27. Studies on chemotherapy of parasitic helminths(XVII).Effects of pyrantel on the motility of various parasitic helminths and isolated host tissues / p1020 (0194.jp2)
  28. Effects of Some Neuropharmacological Agents and Anthelmintics on the Motility of Mature Proglottids of Diplogonoporus grandis / p87 (0199.jp2)
  29. X線照射された広東住血線虫第3期幼虫のラットヘの感染性及び発育 / p22 (0207.jp2)
  30. IN VIVO EFFICACY OF LEVAMISOLE AGAINST LARVAL STAGES OF ANGIOSTRONGYLUS CANTONENSIS AND A.COSTARICENSIS* / p109 (0219.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080997
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081205
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245311
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ