イネかさ枯病に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 桑田, 博隆 クワタ, ヒロタカ

書誌事項

タイトル

イネかさ枯病に関する研究

著者名

桑田, 博隆

著者別名

クワタ, ヒロタカ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第4004号

学位授与年月日

1991-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. I 病徴 / p4 (0009.jp2)
  4. 1 自然病斑 / p4 (0009.jp2)
  5. 2 人工接種による病斑 / p7 (0012.jp2)
  6. II 発生実態 / p12 (0017.jp2)
  7. 1 発生分布 / p12 (0017.jp2)
  8. 2 病勢進展と気温及び降水量との関係 / p12 (0017.jp2)
  9. III 病原細菌の同定 / p17 (0022.jp2)
  10. 1 菌の分離 / p17 (0022.jp2)
  11. 2 分離菌のイネに対する接種 / p18 (0023.jp2)
  12. 3 病原細菌の細菌学的性質 / p19 (0024.jp2)
  13. 4 病原細菌の宿主範囲 / p26 (0031.jp2)
  14. 5 考察 / p33 (0038.jp2)
  15. 記載 / p38 (0043.jp2)
  16. Description / p40 (0045.jp2)
  17. IV Pseudomonas syringae pv.oryzaeのイネ葉組織内での分布及び増殖量と病斑進展との関係 / p42 (0047.jp2)
  18. 1 病斑の大きさと組織内菌数との関係 / p42 (0047.jp2)
  19. 2 病斑組織内の菌の分布 / p43 (0048.jp2)
  20. 3 接種菌量及び付傷の有無と病斑形成との関係 / p46 (0051.jp2)
  21. 4 イネ葉組織内のP.syringae pv.oryzae増殖量と病斑進展との関係 / p50 (0055.jp2)
  22. 5 病斑進展に及ぼすしゃ光処理の影響 / p51 (0056.jp2)
  23. 6 考察 / p59 (0064.jp2)
  24. V P.syringae pv.oryzaeの液体培養ろ液のイネ葉に対する作用性 / p61 (0066.jp2)
  25. 1 菌の液体培地中増殖量と培養ろ液処理によるイネ葉のハロー発生の関係 / p61 (0066.jp2)
  26. 2 平板培養細菌を蒸留水に懸濁したろ液のイネ葉に対する作用性 / p65 (0070.jp2)
  27. 3 培養ろ液の各種植物葉身に対する作用性 / p67 (0072.jp2)
  28. 4 培養ろ液の加熱及び希釈によるイネ葉に対する毒性の変化 / p67 (0072.jp2)
  29. 5 考察 / p69 (0074.jp2)
  30. VI P.syringae pv.oryzaeの生理活性 / p73 (0078.jp2)
  31. 1 P.syringae pv.oryzaeを直接作用させた場合の生理活性 / p73 (0078.jp2)
  32. 2 P.syringae pv.oryzaeの液体培養ろ液を作用させた場合のE.coli生育阻害 / p83 (0088.jp2)
  33. 3 考察 / p92 (0097.jp2)
  34. VII P.syringae pv.oryzaeの病徴発現毒素の単離及び構造決定 / p97 (0102.jp2)
  35. 1 実験材料及び方法 / p97 (0102.jp2)
  36. 2 実験結果及び考察 / p101 (0106.jp2)
  37. VIII P.syringae pv.oryzaeの病原性喪失株の性質 / p113 (0128.jp2)
  38. 1 病原性喪失株の作出 / p113 (0128.jp2)
  39. 2 基準株及び病原性喪失株の細菌学的性質の比較 / p113 (0128.jp2)
  40. 3 基準株及び病原性喪失株のイネ葉組織内増殖量と病斑形成との関係の比較 / p117 (0132.jp2)
  41. 4 基準株及び病原性喪失株の液体培養ろ液の作用性 / p118 (0133.jp2)
  42. 5 アクリジンオレンジ処理によるE.coli生育阻害活性の喪失 / p121 (0136.jp2)
  43. 6 考察 / p124 (0139.jp2)
  44. IX 第一次伝染源 / p127 (0142.jp2)
  45. 1 種子伝染性 / p127 (0142.jp2)
  46. 2 P.syringae pv.oryzaeの乾燥罹病葉での生存 / p128 (0143.jp2)
  47. X 薬剤防除 / p133 (0148.jp2)
  48. 1 薬剤添加培地上でのP.syringae pv.oryzaeの発育 / p133 (0148.jp2)
  49. 2 ポット試験での茎葉散布剤の病斑形成阻止効果 / p135 (0150.jp2)
  50. 3 ポット試験での水面施用粒剤の病斑形成阻止効果 / p137 (0152.jp2)
  51. 4 圃場での防除試験 / p138 (0153.jp2)
  52. XI 総合考察 / p140 (0155.jp2)
  53. 1 病原細菌 / p140 (0155.jp2)
  54. 2 ハローの発現機構 / p141 (0156.jp2)
  55. 3 第一次伝染源並びに薬剤防除 / p145 (0162.jp2)
  56. XII 摘要 / p147 (0164.jp2)
  57. 引用文献 / p153 (0170.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081207
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081415
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245521
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ