キチンの利用に関する研究 : 主として酵素による構成糖およびその誘導体の生産法

この論文をさがす

著者

    • 坂井, 和男 サカイ, カズオ

書誌事項

タイトル

キチンの利用に関する研究 : 主として酵素による構成糖およびその誘導体の生産法

著者名

坂井, 和男

著者別名

サカイ, カズオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

乙第4013号

学位授与年月日

1991-12-25

注記・抄録

博士論文

154p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(水産学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 キチンおよびキトサンオリゴ糖の生産と利用 / p6 (0010.jp2)
  4. 第一節 酸加水分解によるキチンオリゴ糖の生産 / p8 (0012.jp2)
  5. 1.キチンの加水分解条件の検討 / p8 (0012.jp2)
  6. 2.イオン交換膜電気透析脱塩法によるキチンオリゴ糖の生産 / p13 (0017.jp2)
  7. 第二節 酸加水分解によるキトサンオリゴ糖の生産 / p20 (0024.jp2)
  8. 第三節 キチンオリゴ糖の特性 / p28 (0032.jp2)
  9. 第四節 要約 / p36 (0040.jp2)
  10. 第二章 バイオリアクターによるN-アセチルグルコサミンの生産 / p37 (0041.jp2)
  11. 第一節 固定化酵素の調製とその諸性質 / p39 (0043.jp2)
  12. 第二節 バイオリアクターによるN-アセチルグルコサミンの生産 / p52 (0056.jp2)
  13. 第三節 要約 / p61 (0065.jp2)
  14. 第三章 キトサン分解酵素によるグルコサミンの生産 / p62 (0066.jp2)
  15. 第一節 エキソーβ-D-グルコサミニダーゼの精製と諸性質 / p64 (0068.jp2)
  16. 第二節 キトサナーゼの精製と諸性質 / p88 (0092.jp2)
  17. 第三節 酵素によるグルコサミンの生産 / p107 (0111.jp2)
  18. 第四節 要約 / p114 (0118.jp2)
  19. 第四章 β-ガラクトシダーゼによるN-アセチルラクトサミンおよびN-アセチルアロラクトサミンの酵素合成 / p115 (0119.jp2)
  20. 第一節 N-アセチルラクトサミンの生産に適する市販β-ガラクトシダーゼの検索 / p117 (0121.jp2)
  21. 第二節 N-アセチルラクトサミンの酵素的生産法の検討 / p123 (0127.jp2)
  22. 第三節 N-アセチルアロラクトサミンの酵素的生産法の検討 / p136 (0140.jp2)
  23. 第四節 要約 / p144 (0148.jp2)
  24. 総括 / p146 (0150.jp2)
  25. 謝辞 / p149 (0153.jp2)
  26. 文献 / p150 (0154.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081216
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081424
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245530
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ