魚類養殖業の経済的研究

この論文をさがす

著者

    • 古林, 英一, 1958- フルバヤシ, エイイチ

書誌事項

タイトル

魚類養殖業の経済的研究

著者名

古林, 英一, 1958-

著者別名

フルバヤシ, エイイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第7772号

学位授与年月日

1992-01-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・論文博士

乙第7772号

論農博第1745号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 序章 本研究の課題 / p1 (0008.jp2)
  4. 第1章 魚類養殖業の限界論 / p4 (0011.jp2)
  5. 第1節.はじめに / p4 (0011.jp2)
  6. 第2節.魚類養殖業の限界―浦城・吉木説の検討 / p8 (0015.jp2)
  7. 第3節.ブリ養殖業の産業構造 / p9 (0016.jp2)
  8. 第4節.ブリ養殖業の経営問題 / p15 (0022.jp2)
  9. 1.収益性における餌料基盤の重要性 / p15 (0022.jp2)
  10. 2.財務構造と負債問題 / p22 (0029.jp2)
  11. 第5節.むすび / p25 (0032.jp2)
  12. 第2章 魚類養殖業における生産物の選択の論理 / p29 (0036.jp2)
  13. 第1節 魚種選択の理論と現実 / p29 (0036.jp2)
  14. 1.養殖魚種の多様化 / p29 (0036.jp2)
  15. 2.魚種選択の理論的考察 / p31 (0038.jp2)
  16. 3.ブリからマダイヘの転換 / p38 (0045.jp2)
  17. 4.魚種転換の地域的展開 / p44 (0051.jp2)
  18. 5.魚種転換の実態(宮崎県島浦町地区の事例) / p49 (0056.jp2)
  19. 6.魚種多様化の方向 / p54 (0061.jp2)
  20. 第2節 魚類養殖業における生産物大型化の理論と実態 / p56 (0063.jp2)
  21. 1.生産物の大型化傾向 / p56 (0063.jp2)
  22. 2.生産物大型化の理論的考察 / p59 (0066.jp2)
  23. 3.生産物大型化の制約条件と経営の多様化 / p66 (0073.jp2)
  24. 4.ブリ養殖業経営の多様性(大分県の事例) / p68 (0075.jp2)
  25. 第3章 魚類養殖業における種苗供給の制度的枠組みと実態 / p72 (0079.jp2)
  26. 第1節.魚類養殖業における種苗の位置づけ / p72 (0079.jp2)
  27. 第2節.天然種苗採捕に関する法制度的枠組み / p75 (0082.jp2)
  28. 第3節.種苗の需給と種苗採捕の実態 / p81 (0088.jp2)
  29. 第4節.人工種苗の供給 / p92 (0099.jp2)
  30. 第4章 漁場利用の制度的検討 / p100 (0107.jp2)
  31. 第1節.養殖業と漁業制度 / p100 (0107.jp2)
  32. 第2節.漁場利用制度の歴史的推移 / p100 (0107.jp2)
  33. 1.明治漁業法の成立 / p100 (0107.jp2)
  34. 2.戦後漁業制度改革と現行漁業法の成立 / p106 (0113.jp2)
  35. 第3節.漁業権の法的・制度的性格 / p109 (0116.jp2)
  36. 1.漁業権の種類と内容 / p109 (0116.jp2)
  37. 2.漁場利用制度の検討 / p112 (0119.jp2)
  38. 3.漁業権の法的地位ないしは制度的性格 / p120 (0127.jp2)
  39. 4.漁業権の私経済的性格と漁場利用 / p125 (0132.jp2)
  40. 5.漁場行使権の制度的性格 / p127 (0134.jp2)
  41. 第4節.漁業制度の今日的課題 / p130 (0137.jp2)
  42. 第5章 漁場環境の経営効果 / p131 (0138.jp2)
  43. 第1節.漁場の自然生産力 / p131 (0138.jp2)
  44. 第2節.放養尾数決定の理論的考察 / p133 (0140.jp2)
  45. 第3節.漁場環境悪化への対応 / p142 (0149.jp2)
  46. 第4節.漁場保全の方向 / p151 (0158.jp2)
  47. 第6章 魚類養殖業者の販売対応 / p153 (0160.jp2)
  48. 第1節.販売対応の多様性 / p153 (0160.jp2)
  49. 第2節.水産物市場・流通における養殖魚の位置 / p154 (0161.jp2)
  50. 第3節.養殖魚のマーケティング / p165 (0172.jp2)
  51. 第4節.販売対応の実態 / p168 (0175.jp2)
  52. 1.小規模業者の販売対応 / p168 (0175.jp2)
  53. 2.中規模業者の販売対応 / p175 (0182.jp2)
  54. 3.大規模業者の販売対応 / p182 (0189.jp2)
  55. 4.系統団体による販売対応 / p189 (0196.jp2)
  56. 第5節.養殖業者の販売対応と養殖ブリの流通再編成 / p200 (0207.jp2)
  57. 第7章 養殖共済制度の意義と課題 / p205 (0212.jp2)
  58. 第1節.養殖共済制度と魚類養殖業経営 / p205 (0212.jp2)
  59. 第2節.魚類養殖共済の制度的枠組み / p206 (0213.jp2)
  60. 1.漁業共済制度の概観 / p206 (0213.jp2)
  61. 2.ブリ養殖業の展開とはまち共済の推移 / p208 (0215.jp2)
  62. 第3節.養殖共済制度への加入・非加入の選択 / p209 (0216.jp2)
  63. 1.加入・非加入の選択基準 / p209 (0216.jp2)
  64. 2.掛金・共済金の算定方式 / p213 (0220.jp2)
  65. 3.生産条件の変化と加入動機の変化 / p217 (0224.jp2)
  66. 4.事故発生時期と加入動機 / p220 (0227.jp2)
  67. 第4節.貯蓄と共済の競合 / p222 (0229.jp2)
  68. 第5節.養殖共済制度の方向 / p225 (0232.jp2)
  69. 終章 要約と結論 / p228 (0235.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081373
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972746
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245687
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ