ヒスタミン遊離抑制作用を有するピラジンカルボン酸アミド誘導体の構造活性相関と抗アレルギー作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 栄一 マキノ, エイイチ

書誌事項

タイトル

ヒスタミン遊離抑制作用を有するピラジンカルボン酸アミド誘導体の構造活性相関と抗アレルギー作用に関する研究

著者名

牧野, 栄一

著者別名

マキノ, エイイチ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第1号

学位授与年月日

1991-04-01

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第一章 N-(lH-Tetrazol-5-yl)carbamoyl誘導体およびその関連化合物の合成とヒスタミン遊離抑制作用 / p4 (0007.jp2)
  5. 第一節 序論 / p4 (0007.jp2)
  6. 第二節 N-(lH-Tetrazol-5-yl)carbamoyl誘導体およびその関連化合物の合成 / p5 (0007.jp2)
  7. 1-2-1 N-(lH-Tetrazol-5-yI)carbamoyI誘導体の合成 / p5 (0007.jp2)
  8. 1-2-2 N-(lH-Tetrazol-5-vl)-2-pyrazinecarboxamide関連化合物の合成 / p7 (0008.jp2)
  9. 第三節 ヒスタミン遊離抑制作用 / p9 (0009.jp2)
  10. 1-3-1 測定法 / p9 (0009.jp2)
  11. 1-3-2 ヒスタミン遊離抑制作用と化学構造との相関関係 / p11 (0010.jp2)
  12. 第二章 3位,5位および6位置換N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazine-carboxamideの合成とヒスタミン遊離抑制作用 / p12 (0011.jp2)
  13. 第一節 序論 / p12 (0011.jp2)
  14. 第二節 3位,5位および6位置換N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazine-carboxamideの合成 / p12 (0011.jp2)
  15. 第三節 ヒスタミン遊離抑制作用と化学構造との相関関係 / p17 (0013.jp2)
  16. 第三章 6位置換N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazinecarboxamideの合成とヒスタミン遊離抑制作用 / p18 (0014.jp2)
  17. 第一節 序論 / p18 (0014.jp2)
  18. 第二節 6位置換N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazinecarboxamideの合成 / p19 (0014.jp2)
  19. 第三節 ヒスタミン遊離抑制作用と化学構造との相関関係 / p21 (0015.jp2)
  20. 第四章 6位置換N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazinecarboxamideのラット48時間同種受身皮膚アナフィラキシー(48-h PCA)に対する作用 / p35 (0022.jp2)
  21. 第一節 序論 / p35 (0022.jp2)
  22. 第二節 ラット48-h PCA実験法 / p35 (0022.jp2)
  23. 第三節 ラット48-h PCA抑制作用 / p36 (0023.jp2)
  24. 第五章 6-(l-Pyrrolidinyl)-N-(lH-tetrazol-5-yl)-2-pyrazinecarboxamide(PTPC)の抗アレルギー作用 / p37 (0023.jp2)
  25. 第一節 序論 / p37 (0023.jp2)
  26. 第二節 I型アレルギー反応に及ぼす影響 / p38 (0024.jp2)
  27. 5-2-1 ラット48時間同種受身皮膚アナフィラキシー / p38 (0024.jp2)
  28. 5-2-2 ラット実験的喘息 / p42 (0026.jp2)
  29. 5-2-3 モルモット実験的喘息 / p45 (0027.jp2)
  30. 第三節 II~IV型アレルギー反応に及ぼす影響 / p47 (0028.jp2)
  31. 5-3-1 ラットreversed cutaneous anaphylaxis (II型) / p47 (0028.jp2)
  32. 5-3-2 ラットdirect passive Arthus reaction(III型) / p48 (0029.jp2)
  33. 5-3-3 マウスdelayed type hypersensitivity reaction (IV型) / p48 (0029.jp2)
  34. 第四節 作用機序 / p50 (0030.jp2)
  35. 5-4-1 ケミカルメディエーター遊離に対する作用 / p50 (0030.jp2)
  36. 5-4-2 ケミカルメディエーターに対する作用 / p55 (0032.jp2)
  37. 5-4-3 気管平滑筋に対する作用 / p58 (0034.jp2)
  38. 5-4-4 Cyclic AMP phosphodiesteraseに対する作用 / p59 (0034.jp2)
  39. 第五節 第五章のまとめ / p61 (0035.jp2)
  40. 第六章 総括 / p62 (0036.jp2)
  41. 謝辞 / p65 (0037.jp2)
  42. 実験の部 / p66 (0039.jp2)
  43. 第一章に関する実験 / p66 (0039.jp2)
  44. 第二章に関する実験 / p70 (0041.jp2)
  45. 第三章に関する実験 / p71 (0042.jp2)
  46. 第四章に関する実験 / p77 (0045.jp2)
  47. 第五章に関する実験 / p77 (0045.jp2)
  48. 引用文献 / p84 (0048.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081386
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081594
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245700
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ