乳および乳製品の品質評価法の合理化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 土井, 豊彦 ドイ, トヨヒコ

書誌事項

タイトル

乳および乳製品の品質評価法の合理化に関する研究

著者名

土井, 豊彦

著者別名

ドイ, トヨヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第5056号

学位授与年月日

1991-12-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0010.jp2)
  3. 第2章 生乳のアルコール安定性試験の自動化 / p13 (0022.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p13 (0022.jp2)
  5. 第2節 実験方法 / p14 (0023.jp2)
  6. 第1項 供試試料 / p14 (0023.jp2)
  7. 第2項 試薬 / p14 (0023.jp2)
  8. 第3項 装置 / p14 (0023.jp2)
  9. 第4項 粘度の測定方法 / p15 (0024.jp2)
  10. 第5項 従来法(JAS法及びその類似法)によるアルコ ール試験 / p17 (0026.jp2)
  11. 第3節 塩化カルシウムまたは乳酸を添加した生乳についての測定 / p17 (0026.jp2)
  12. 第1項 試料,アルコール混合後の粘度の経時変化 / p17 (0026.jp2)
  13. 第2項 測定温度の影響 / p19 (0028.jp2)
  14. 第3項 試料と70%エタノールの混合比率の検討 / p21 (0030.jp2)
  15. 第4節 生乳試料の測定 / p23 (0032.jp2)
  16. 第5節 実用装置の製作と運用状況 / p25 (0034.jp2)
  17. 第6節 小括 / p26 (0035.jp2)
  18. 第3章 生乳の滴定酸度の迅速測定法 / p27 (0036.jp2)
  19. 第1節 緒言 / p27 (0036.jp2)
  20. 第2節 実験方法 / p28 (0037.jp2)
  21. 第1項 供試試料 / p28 (0037.jp2)
  22. 第2項 試薬 / p29 (0038.jp2)
  23. 第3項 装置 / p29 (0038.jp2)
  24. 第4項 滴定酸度の測定 / p29 (0038.jp2)
  25. 第5項 水素イオン濃度の測定 / p29 (0038.jp2)
  26. 第3節 測定原理 / p30 (0039.jp2)
  27. 第4節 生乳に乳酸及び脱脂乳を添加して調製した試料の測定 / p32 (0041.jp2)
  28. 第5節 水酸化ナトリウム溶液添加時のpH差 / p34 (0043.jp2)
  29. 第6節 実際の生乳での測定 / p36 (0045.jp2)
  30. 第7節 回帰式による推定 / p40 (0049.jp2)
  31. 第8節 実用装置の製作と運用状況 / p42 (0051.jp2)
  32. 第9節 小括 / p43 (0052.jp2)
  33. 第4章 カタラーゼ活性を利用した生乳中の微生物数の推定法 / p44 (0053.jp2)
  34. 第1節 緒言 / p44 (0053.jp2)
  35. 第2節 実験方法 / p45 (0054.jp2)
  36. 第1項 供試試料 / p45 (0054.jp2)
  37. 第2項 試薬 / p46 (0055.jp2)
  38. 第3項 装置 / p47 (0056.jp2)
  39. 第4項 カタラーゼ活性の測定方法 / p47 (0056.jp2)
  40. 第5項 微生物数の測定方法 / p48 (0057.jp2)
  41. 第3節 過酸化水素濃度の決定 / p48 (0057.jp2)
  42. 第4節 カタラーゼ活性のpH特性 / p51 (0060.jp2)
  43. 第5節 pH11でのカタラーゼ活性と微生物濃度の関係 / p55 (0064.jp2)
  44. 第6節 アスコルビン酸による分別 / p57 (0066.jp2)
  45. 第7節 pH分別法とアスコルビン酸分別法による測定値の比較 / p60 (0069.jp2)
  46. 第8節 pH分別法によるカタラーゼ活性値からの微生物数の推定 / p62 (0071.jp2)
  47. 第9節 小括 / p64 (0073.jp2)
  48. 第5章 半導体ガスセンサーを用いた生乳異常風味の検出 / p65 (0074.jp2)
  49. 第1節 緒言 / p65 (0074.jp2)
  50. 第2節 実験方法 / p66 (0075.jp2)
  51. 第1項 試料の調製方法 / p66 (0075.jp2)
  52. 第2項 装置 / p68 (0077.jp2)
  53. 第3項 臭い成分ガスの測定方法 / p72 (0081.jp2)
  54. 第3節 臭い成分ガスを分離する気体の決定 / p72 (0081.jp2)
  55. 第4節 反復測定 / p75 (0084.jp2)
  56. 第5節 気体の流量の出力値に対する影響 / p75 (0084.jp2)
  57. 第6節 臭い成分ガス分離温度の影響 / p78 (0087.jp2)
  58. 第7節 センサーの特性比較 / p80 (0089.jp2)
  59. 第8節 臭い成分ガス濃度と出力の関係 / p84 (0093.jp2)
  60. 第9節 臭いの識別 / p85 (0094.jp2)
  61. 第10節 正常品の測定と不良試料との比較 / p88 (0097.jp2)
  62. 第11節 小括 / p89 (0098.jp2)
  63. 第6章 乳糖定量法の設定と乳製品への適用 / p90 (0099.jp2)
  64. 第1節 緒言 / p90 (0099.jp2)
  65. 第2節 実験方法 / p91 (0100.jp2)
  66. 第1項 測定用試料 / p91 (0100.jp2)
  67. 第2項 試薬の調製 / p91 (0100.jp2)
  68. 第3項 測定手順 / p92 (0101.jp2)
  69. 第4項 糖含量の算出方法 / p93 (0102.jp2)
  70. 第5項 HPLC測定条件 / p93 (0102.jp2)
  71. 第3節 測定条件の決定 / p94 (0103.jp2)
  72. 第1項 最適測定条件を求める実験1 / p94 (0103.jp2)
  73. 第2項 最適測定条件を求める実験2 / p95 (0104.jp2)
  74. 第3項 最適測定条件を求める実験3 / p96 (0105.jp2)
  75. 第4節 繰り返し精度 / p97 (0106.jp2)
  76. 第5節 検量線の作成 / p100 (0109.jp2)
  77. 第6節 添加回収試験 / p102 (0111.jp2)
  78. 第7節 実際のサンプルの測定 / p105 (0114.jp2)
  79. 第8節 小括 / p107 (0116.jp2)
  80. 第7章 比重と誘電率によるバター中の食塩及び水分含量の非破壊,連続,同時測定 / p108 (0117.jp2)
  81. 第1節 緒言 / p108 (0117.jp2)
  82. 第2節 実験方法 / p108 (0117.jp2)
  83. 第1項 試料の調製 / p108 (0117.jp2)
  84. 第2項 試薬の調製 / p109 (0118.jp2)
  85. 第3項 装置 / p109 (0118.jp2)
  86. 第4項 モール法による食塩含量測定法 / p111 (0120.jp2)
  87. 第5項 バター水分の測定法 / p112 (0121.jp2)
  88. 第6項 比重と誘電率のオンライン測定法 / p112 (0121.jp2)
  89. 第3節 測定原理 / p112 (0121.jp2)
  90. 第4節 手分析方法の精度 / p114 (0123.jp2)
  91. 第5節 測定部位による成分のばらつき / p116 (0125.jp2)
  92. 第6節 バター比重の温度特性 / p116 (0125.jp2)
  93. 第7節 無塩バターのオンライン測定 / p117 (0126.jp2)
  94. 第8節 加塩バターのオンライン測定 / p121 (0130.jp2)
  95. 第9節 実ラインでの実施状況 / p128 (0137.jp2)
  96. 第10節 小括 / p129 (0138.jp2)
  97. 第8章 ペルティエ素子を利用した熱電対センサーによる乳カード生成の連続モニタリング / p131 (0140.jp2)
  98. 第1節 緒言 / p131 (0140.jp2)
  99. 第2節 実験方法 / p132 (0141.jp2)
  100. 第1項 供試試料 / p132 (0141.jp2)
  101. 第2項 装置 / p133 (0142.jp2)
  102. 第3項 モニター装置の作動原理とモニタリングの可能性の予測 / p135 (0144.jp2)
  103. 第3節 モニター装置の印加電圧の決定と,試料粘度と温度差の関係 / p137 (0146.jp2)
  104. 第4節 試料温度変化に対するモニター装置の安定性確認試験 / p139 (0148.jp2)
  105. 第5節 ペルティエ素子面と熱電対との距離による温度差の時間変化 / p141 (0150.jp2)
  106. 第6節 モニター装置によるヨーグルト発酵過程のモニタリング / p143 (0152.jp2)
  107. 第7節 モニター装置によるチーズカード生成時のモニタリング / p147 (0156.jp2)
  108. 第8節 ヨーグルト製造現場での使用状況 / p149 (0158.jp2)
  109. 第9節 小括 / p150 (0159.jp2)
  110. 第9章 光ファイバーを用いた光散乱測定法による凝乳生成過程の連続観察 / p151 (0160.jp2)
  111. 第1節 緒言 / p151 (0160.jp2)
  112. 第2節 実験方法 / p151 (0160.jp2)
  113. 第1項 試料 / p152 (0161.jp2)
  114. 第2項 測定装置 / p152 (0161.jp2)
  115. 第3項 測定方法 / p154 (0163.jp2)
  116. 第3節 凝集開始時点の検討 / p155 (0164.jp2)
  117. 第4節 散乱光強度とカードテンションの関係 / p157 (0166.jp2)
  118. 第5節 散乱光強度の変化と生成した凝乳の性質の関係 / p159 (0168.jp2)
  119. 第6節 異なる角度による散乱光の測定 / p165 (0174.jp2)
  120. 第7節 異なる波長で測定した散乱光強度曲線の比較 / p169 (0178.jp2)
  121. 第9節 小括 / p170 (0179.jp2)
  122. 第10章 総括 / p172 (0181.jp2)
  123. 後記 / p184 (0193.jp2)
  124. 参考文献 / p185 (0194.jp2)
  125. 英文要旨 / p193 (0202.jp2)
  126. 独文要旨 / p206 (0215.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081460
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081668
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245774
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ