数理モデルによる土壌浄化法の解析および改良への検討

この論文をさがす

著者

    • 川西, 琢也 カワニシ, タクヤ

書誌事項

タイトル

数理モデルによる土壌浄化法の解析および改良への検討

著者名

川西, 琢也

著者別名

カワニシ, タクヤ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第8747号

学位授与年月日

1990-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 トレンチ方式の土壌浄化法の概説 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.4 既往の研究 / p4 (0008.jp2)
  7. 第2章 機構解析のための基礎的現象の解明 / p20 (0024.jp2)
  8. 2.1 本章の目的 / p21 (0025.jp2)
  9. 2.2 クロボク土中の酸素の拡散係数 / p21 (0025.jp2)
  10. 2.3 クロボク土における微生物が透水係数に及ぼす影響 / p23 (0027.jp2)
  11. 2.4 本章のまとめ / p24 (0028.jp2)
  12. 第3章 室内規模実験および二次元数理モデルによる検討 / p30 (0034.jp2)
  13. 3.1 本章の目的 / p31 (0035.jp2)
  14. 3.2 実験装置及び方法 / p31 (0035.jp2)
  15. 3.3 結果及び考察 / p32 (0036.jp2)
  16. 3.4 二次元数理モデルによる浸透水量の推算 / p34 (0038.jp2)
  17. 3.5 本章のまとめ / p38 (0042.jp2)
  18. 第4章 実排水を用いた実験 / p49 (0053.jp2)
  19. 4.1 本章の目的 / p50 (0054.jp2)
  20. 4.2 実験装置及び方法 / p50 (0054.jp2)
  21. 4.3 結果及び考察 / p52 (0056.jp2)
  22. 4.4 本章のまとめ / p54 (0058.jp2)
  23. 第5章 数理モデルによる解析 / p63 (0067.jp2)
  24. 5.1 目的 / p64 (0068.jp2)
  25. 5.2 トレンチへの酸素供給速度の評価:モデル0S / p64 (0068.jp2)
  26. 5.3 リン除去に必要な容積と耐用年数の評価:モデルPA / p69 (0073.jp2)
  27. 5.4 目詰まりに関する考察 / p71 (0075.jp2)
  28. 5.5 設計指針 / p75 (0078.jp2)
  29. 5.6 本章のまとめ / p76 (0079.jp2)
  30. 第6章 トレンチ法の改良 / p94 (0097.jp2)
  31. 6.1 単位面積当りの排水処理量の効率化 / p95 (0098.jp2)
  32. 6.2 土壌浄化法における窒素除去に関する考察 / p96 (0099.jp2)
  33. 6.3 脱窒素能を有するコンパクトなトレンチ装置の提案 / p100 (0103.jp2)
  34. 第7章 結言 / p109 (0112.jp2)
  35. 7.1 本研究の成果と土壌浄化法の可能性 / p110 (0113.jp2)
  36. 7.2 今後の展望 / p113 (0116.jp2)
  37. 謝辞 / p115 (0118.jp2)
  38. APPENDICES / A-1 / (0120.jp2)
  39. APPENDIX I 二次元モデルの計算手法(第3章3.4) / A-2 / (0121.jp2)
  40. APPENDIX II モデルOS(第5章5.2) / A-3 / (0122.jp2)
  41. Source List / A-10 / (0129.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081505
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081713
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245819
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ