自己位相変調光による超高速分光法と半導体ドープガラスの緩和過程の研究

この論文をさがす

著者

    • 時崎, 高志 トキザキ, タカシ

書誌事項

タイトル

自己位相変調光による超高速分光法と半導体ドープガラスの緩和過程の研究

著者名

時崎, 高志

著者別名

トキザキ, タカシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第8817号

学位授与年月日

1991-02-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 超高速分光の歴史的経緯 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 本研究の内容と目的 / p4 (0008.jp2)
  5. 1-3 本論文の構成 / p5 (0008.jp2)
  6. 第2章 位相緩和時間測定の原理と計算機シミュレーション / p7 (0009.jp2)
  7. 2-1 緩和時間測定の原理 / p7 (0009.jp2)
  8. 2-2 縮退4光波混合による位相緩和時間測定 / p17 (0014.jp2)
  9. 2-3 計算機シミュレーションによる光源の比較 / p24 (0018.jp2)
  10. 2-4 まとめ / p33 (0022.jp2)
  11. 第3章 広帯域自己位相変調光の発生とその特性 / p34 (0023.jp2)
  12. 3-1 自己位相変調光の発生 / p34 (0023.jp2)
  13. 3-2 自己位相変調光源の構成と性能評価 / p37 (0024.jp2)
  14. 3-3 パルス光の特性の測定と解析 / p54 (0033.jp2)
  15. 3-4 計算機シミュレーションによる自己位相変調特性の考察 / p66 (0039.jp2)
  16. 3-5 まとめ / p81 (0046.jp2)
  17. 第4章 半導体ドープガラス / p82 (0047.jp2)
  18. 4-1 超微粒子について / p82 (0047.jp2)
  19. 4-2 ガラス中半導体超微粒子のエネルギー準位構造と光学遷移 / p86 (0049.jp2)
  20. 4-3 近年の半導体ドープガラスにおける過渡的分光研究 / p92 (0052.jp2)
  21. 4-4 まとめ / p97 (0054.jp2)
  22. 第5章 自己位相変調光による新しい分光法の検証 / p98 (0055.jp2)
  23. 5-1 実験方法 / p98 (0055.jp2)
  24. 5-2 自己位相変調光とトランスフォームリミット光との比較実験 / p102 (0057.jp2)
  25. 5-3 実験結果と計算機シミュレーションとの比較と考察 / p109 (0060.jp2)
  26. 5-4 まとめ / p113 (0062.jp2)
  27. 第6章 半導体ドープガラス中キャリアの緩和過程の研究 / p114 (0063.jp2)
  28. 6-1 位相緩和時間の測定とその考察 / p114 (0063.jp2)
  29. 6-2 吸収、発光スペクトルからみた緩和機構の考察 / p125 (0068.jp2)
  30. 6-3 まとめ / p136 (0074.jp2)
  31. 第7章 結論 / p138 (0075.jp2)
  32. 謝辞 / p144 (0078.jp2)
  33. 参考文献 / p145 (0078.jp2)
  34. 発表論文 / p150 (0081.jp2)
  35. 口頭発表 / p151 (0081.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081575
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081783
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245889
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ