原核細胞メッセンジャーRNA先導配列の化学合成とその機能の研究

この論文をさがす

著者

    • 石川, 正英 イシカワ, マサヒデ

書誌事項

タイトル

原核細胞メッセンジャーRNA先導配列の化学合成とその機能の研究

著者名

石川, 正英

著者別名

イシカワ, マサヒデ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第8837号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

報告番号: 甲08837 ; 学位授与年月日: 1991-03-15 ; 学位の種別: 課程博士 ; 学位の種類: 工学博士 ; 学位記番号: 博工第2599号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科工業化学専攻

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 オリゴリボヌクレオチドの固相合成 / p8 (0012.jp2)
  4. 1-1 保護ヌクレオチド / p9 (0013.jp2)
  5. 1-2 固相担体への保護ヌクレオチドの導入 / p12 (0016.jp2)
  6. 1-3 5 '位ジメトキシトリチル基の選択的除去 / p16 (0020.jp2)
  7. 1-4 オリゴリボヌクレオチドの固相合成の検討 / p23 (0027.jp2)
  8. 1-5 考察 / p32 (0036.jp2)
  9. 第二章 f1コートタンパク質mRNAの先導配列の合成 / p33 (0037.jp2)
  10. 2-1 f1コートタンパク質mRNAの先導配列の部分合成 / p34 (0038.jp2)
  11. 2-2 固相合成法の改良及びf1コートタンパク質mRNAの先導配列18量体の合成 / p42 (0046.jp2)
  12. 2-3 考察 / p50 (0054.jp2)
  13. 第三章 タンパク質合成開始複合体形成 / p52 (0056.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p53 (0057.jp2)
  15. 3-2 リボソーム及び、開始因子の調製 / p55 (0059.jp2)
  16. 3-3 開始複合体形成の反応条件の検討 / p57 (0061.jp2)
  17. 3-4 f1コートタンパク質mRNAの先導配列を用いた開始複合体形成 / p62 (0066.jp2)
  18. 3-5 開始複合体形成反応中の先導配列の安定性 / p64 (0068.jp2)
  19. 3-6 リボヌクレアーゼインヒビターの効果 / p66 (0070.jp2)
  20. 3-7 考察 / p70 (0074.jp2)
  21. 第四章 開始複合体形成反応中に安定な先導配列の合成 / p72 (0076.jp2)
  22. 4-1 3'末端にトリデオキシヌクレオチドの結合した先導配列21量体の合成 / p73 (0077.jp2)
  23. 4-2 酵素を用いた3'末端へのチオホスフェイトの導入 / p75 (0079.jp2)
  24. 4-3 化学合成による3'末端へのチオホスフェイトの導入 / p77 (0081.jp2)
  25. 4-4 考察 / p83 (0087.jp2)
  26. 第五章 反応中に安定なf1コートタンパク質mRNAの先導配列を用いた開始複合体形成 / p85 (0089.jp2)
  27. 5-1 3'末端にチオホスフェイトを導入した先導配列を用いた開始複合体形成 / p86 (0090.jp2)
  28. 5-2 考察 / p90 (0094.jp2)
  29. 結論 / p91 (0095.jp2)
  30. 実験の部 / p92 (0096.jp2)
  31. 参考文献 / p123 (0127.jp2)
  32. 謝辞 / p127 (0131.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081595
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081803
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245909
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ