イギリス労使関係政策の特質

この論文をさがす

著者

    • 小笠原, 浩一, 1952- オガサワラ, コウイチ

書誌事項

タイトル

イギリス労使関係政策の特質

著者名

小笠原, 浩一, 1952-

著者別名

オガサワラ, コウイチ

学位授与大学

東京大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

甲第8843号

学位授与年月日

1991-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 課題・方法・歴史的前提 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 課題の限定と問題関心 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 歴史的前提-1820年代の'団結法認'の論理- / p8 (0012.jp2)
  5. 序章 注 / p12 (0016.jp2)
  6. 第1章 1870年代の'団結法認'政策 / p21 (0025.jp2)
  7. 第1節 本章の課題 / p21 (0025.jp2)
  8. 第2節 F.ハリソンの'団結法認'論 / p24 (0028.jp2)
  9. 第3節「労働組合に関する王立委員会」『最終報告書』 / p36 (0040.jp2)
  10. 第4節 立法改革 / p59 (0063.jp2)
  11. 第1章 注 / p75 (0079.jp2)
  12. 第2章'任意'争議調整政策の定立 / p86 (0090.jp2)
  13. 第1節 本章の課題 / p86 (0090.jp2)
  14. 第2節 背景としての経済状況 / p88 (0092.jp2)
  15. 第3節 自主的調停・仲裁制度の実態 / p89 (0093.jp2)
  16. 第4節 調停・仲裁に対する労使の態度 / p97 (0101.jp2)
  17. 第5節「強制仲裁」諸立法と自主的制度 / p102 (0106.jp2)
  18. 第6節 行政的国家介入の開始 / p108 (0112.jp2)
  19. 第7節「労働に関する王立委員会」『最終報告書』 / p119 (0123.jp2)
  20. 第8節「調停法」の制定と枠組み / p121 (0125.jp2)
  21. 第9節 小括 / p124 (0129.jp2)
  22. 第2章 注 / p125 (0130.jp2)
  23. 第3章'任意'争議調整と'経営権' / p144 (0149.jp2)
  24. 第1節 本章の課題 / p144 (0149.jp2)
  25. 第2節 争点 / p147 (0152.jp2)
  26. 第3節 EFEAの組織と統制 / p157 (0162.jp2)
  27. 第4節 枢密院通産委員会の介入 / p163 (0168.jp2)
  28. 第5節『妥結条件』成立 / p169 (0174.jp2)
  29. 第6節'経営権'制約の構造 / p174 (0182.jp2)
  30. 第7節 小括 / p178 (0186.jp2)
  31. 第3章 注 / p180 (0188.jp2)
  32. 第4章 労働組合の法的地位の確定 / p191 (0199.jp2)
  33. 第1節 本章の課題 / p191 (0199.jp2)
  34. 第2節「労働に関する王立委員会」における法人格付与問題 / p192 (0200.jp2)
  35. 第3節 タフ・ヴェイル判決 / p195 (0203.jp2)
  36. 第4節 立法政策の錯綜 / p198 (0206.jp2)
  37. 第5節「労働争議法」制定 / p203 (0211.jp2)
  38. 第6節 小括 / p206 (0214.jp2)
  39. 第4章 注 / p207 (0215.jp2)
  40. 終章 総括 / p212 (0220.jp2)
  41. 終章 注 / p215 (0223.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081601
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012351
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245915
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ