準周期超格子における励起電子のダイナミクス

この論文をさがす

著者

    • 山口, 敦史 ヤマグチ, アツシ

書誌事項

タイトル

準周期超格子における励起電子のダイナミクス

著者名

山口, 敦史

著者別名

ヤマグチ, アツシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第8892号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序 / p1 (0003.jp2)
  3. 第2章 研究の背景 / p3 (0004.jp2)
  4. 2.1 準結晶 / p3 (0004.jp2)
  5. 2.2 半導体超格子 / p25 (0015.jp2)
  6. 第3章 実験の目的と実験の概要 / p36 (0021.jp2)
  7. 3.1 実験の目的 / p36 (0021.jp2)
  8. 3.2 超格子の構造設計 / p36 (0021.jp2)
  9. 3.3 実験の概要 / p40 (0023.jp2)
  10. 3.4 試料の構造の最適化 / p44 (0025.jp2)
  11. 第4章 実験方法 / p46 (0026.jp2)
  12. 4.1 試料の作製 / p46 (0026.jp2)
  13. 4.2 連続光励起による発光スペクトルの測定 / p47 (0026.jp2)
  14. 4.3 励起スペクトルの測定 / p49 (0027.jp2)
  15. 4.4 パルス光励起による発光の時間分解測定 / p53 (0029.jp2)
  16. 第5章 実験結果 / p56 (0031.jp2)
  17. 5.1 連続光励起による発光スペクトル / p56 (0031.jp2)
  18. 5.2 励起スペクトル / p64 (0035.jp2)
  19. 5.3 発光の時間分解 / p72 (0039.jp2)
  20. 5.4 まとめ / p88 (0047.jp2)
  21. 第6章 議論 / p90 (0048.jp2)
  22. 6.1 連続光励起の場合のrについて / p90 (0048.jp2)
  23. 6.2 パルス光励起の場合のr(t)について / p95 (0050.jp2)
  24. 6.3 共鳴励起した場合の定量的解析 / p97 (0051.jp2)
  25. 6.4 3つの系の電子状態の違い / p102 (0054.jp2)
  26. 6.5 キャリア伝導のメカニズム / p103 (0054.jp2)
  27. 第7章 結論 / p106 (0056.jp2)
  28. 付録 / p108 (0057.jp2)
  29. 謝辞 / p111 (0058.jp2)
  30. 参考文献 / p112 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081650
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081858
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245964
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ