ヒトtPA(組織プラスミノーゲン活性化因子)遺伝子の発現調節領域の解析

この論文をさがす

著者

    • 藤原, 純 フジワラ, ジュン

書誌事項

タイトル

ヒトtPA(組織プラスミノーゲン活性化因子)遺伝子の発現調節領域の解析

著者名

藤原, 純

著者別名

フジワラ, ジュン

学位授与大学

東京大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第8918号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.略語 / p3 (0005.jp2)
  3. 2.序論 / p4 (0006.jp2)
  4. 2-1.ヒト組織プラスミノーゲン活性化因子(tissue plasminogen activator=tPA)について / p4 (0006.jp2)
  5. 2-2.ヒトtPA遺伝子の構造について / p6 (0008.jp2)
  6. 2-3.tPA遺伝子を発現している組織について / p9 (0011.jp2)
  7. 2-4.tPA遺伝子を発現する培養細胞について / p10 (0012.jp2)
  8. 2-5.生体におけるtPAの機能について / p11 (0013.jp2)
  9. 2-6.tPA遺伝子の転写調節領域について / p11 (0013.jp2)
  10. 2-7.実験の目的 / p13 (0015.jp2)
  11. 3.材料及び方法 / p14 (0016.jp2)
  12. 3-1.材料 / p14 (0016.jp2)
  13. 3-2.実験方法 / p18 (0020.jp2)
  14. 4.Bowes細胞におけるtPA遺伝子の発現レベルの解析 / p50 (0052.jp2)
  15. 4-1.目的 / p50 (0052.jp2)
  16. 4-2.方法 / p50 (0052.jp2)
  17. 4-3.結果 / p50 (0052.jp2)
  18. 4-4.考察 / p51 (0053.jp2)
  19. 5.ヒトtPA遺伝子の5'側上流域のクローニング / p54 (0056.jp2)
  20. 5-1.目的 / p54 (0056.jp2)
  21. 5-2.方法 / p54 (0056.jp2)
  22. 5-3.結果 / p55 (0057.jp2)
  23. 5-4.考察 / p55 (0057.jp2)
  24. 6.ヒトtPA遺伝子の5'上流域の解析 / p60 (0062.jp2)
  25. 6-1.目的 / p60 (0062.jp2)
  26. 6-2.方法 / p60 (0062.jp2)
  27. 6-3.結果 / p60 (0062.jp2)
  28. 6-4.考察 / p61 (0063.jp2)
  29. 7.tPA遺伝子の転写調節領域の同定 / p63 (0065.jp2)
  30. 7-1.tPA遺伝子の転写調節領域の同定 / p63 (0065.jp2)
  31. 7-2.2079bpの領域中に同定された転写調節領域の方向依存性の解析 / p74 (0076.jp2)
  32. 7-3.2079bpの領域中で転写調節領域の存在する位置の解析 / p77 (0079.jp2)
  33. 7-4.506bpの領域中で転写調節領域の存在する位置の解析 / p82 (0084.jp2)
  34. 7-5.A領域、B領域の調節領域の性質の解析 / p91 (0093.jp2)
  35. 7-6.考察 / p96 (0098.jp2)
  36. 8.A領域、B領域に結合するタンパクのgel shift assayによる解析 / p98 (0100.jp2)
  37. 8-1.目的 / p98 (0100.jp2)
  38. 8-2.方法 / p98 (0100.jp2)
  39. 8-3.結果 / p99 (0101.jp2)
  40. 8-4.考察 / p99 (0101.jp2)
  41. 9.まとめと今後の展望 / p112 (0114.jp2)
  42. 10.謝辞 / p114 (0116.jp2)
  43. 11.参考文献 / p115 (0117.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081676
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081884
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000245990
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ