アミノアシルtRNAのAサイト結合におけるポリペプチド鎖延長因子Tuの役割

この論文をさがす

著者

    • 春木, 満 ハルキ, ミツル

書誌事項

タイトル

アミノアシルtRNAのAサイト結合におけるポリペプチド鎖延長因子Tuの役割

著者名

春木, 満

著者別名

ハルキ, ミツル

学位授与大学

東京大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第8923号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

報告番号: 甲08923 ; 学位授与年月日: 1991-03-29 ; 学位の種別: 課程博士 ; 学位の種類: 理学博士 ; 学位記番号: 博理第2399号 ; 研究科・専攻: 理学系研究科生物化学専攻

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0007.jp2)
  3. 序章 ポリペプチド鎖延長因子Tuの機能 / p6 (0012.jp2)
  4. 図 / p9 (0015.jp2)
  5. 第2章 EF-TuとアミノアシルtRNAとの相互作用~アミノアシルtRNAの2',3'異性体の解析 / p10 (0016.jp2)
  6. 2.1.序 / p10 (0016.jp2)
  7. 2.2.材料と方法 / p11 (0017.jp2)
  8. 2.3.結果 / p15 (0021.jp2)
  9. 2.4.考察 / p17 (0023.jp2)
  10. 図表 / p20 (0026.jp2)
  11. 第3章 EF-TuとアミノアシルtRNAとの相互作用~コンフォメーションの解析 / p26 (0032.jp2)
  12. 3.1.序 / p26 (0032.jp2)
  13. 3.2.材料と方法 / p27 (0033.jp2)
  14. 3.3.結果 / p30 (0036.jp2)
  15. 3.4.考察 / p34 (0040.jp2)
  16. 図 / p40 (0046.jp2)
  17. 第4章 リボソームのAサイトにおけるEF-Tuの役割 / p54 (0060.jp2)
  18. 4.1.序 / p54 (0060.jp2)
  19. 4.2.方法 / p55 (0061.jp2)
  20. 4.3.結果 / p57 (0063.jp2)
  21. 4.4.考察 / p59 (0065.jp2)
  22. 図 / p64 (0070.jp2)
  23. 第5章 EF-Tuと23SrRNAの毒素ドメインとの相互作用 / p71 (0077.jp2)
  24. 5.1.序 / p71 (0077.jp2)
  25. 5.2.材料と方法 / p72 (0078.jp2)
  26. 5.3.結果 / p73 (0079.jp2)
  27. 5.4.考察 / p74 (0080.jp2)
  28. 図 / p76 (0082.jp2)
  29. 結語 / p78 (0084.jp2)
  30. 略号 / p80 (0086.jp2)
  31. 参考文献 / p81 (0087.jp2)
  32. 謝辞 / p86 (0092.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081681
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081889
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245995
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ