認知発達の計算理論 : 視覚系の発達を中心にして

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 健司 ミヤモト, ケンジ

書誌事項

タイトル

認知発達の計算理論 : 視覚系の発達を中心にして

著者名

宮本, 健司

著者別名

ミヤモト, ケンジ

学位授与大学

東京大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第8949号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0003.jp2)
  3. 概要 / (0005.jp2)
  4. 1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1.1 認知機能の一般法則 / p1 (0006.jp2)
  6. 1.2 発達 / p3 (0008.jp2)
  7. 1.3 研究の位置づけ / p4 (0009.jp2)
  8. 1.4 本論文の構成 / p5 (0010.jp2)
  9. 2 Marrのパラダイムと計算理論 / p6 (0011.jp2)
  10. 2.1 Marrのパラダイム / p6 (0011.jp2)
  11. 2.2 いろいろな認知機能の計算理論 / p8 (0013.jp2)
  12. 2.3 計算論的アプローチの位置づけ / p8 (0013.jp2)
  13. 3 問題と枠組 / p9 (0014.jp2)
  14. 3.1 Gibsonの思想 / p9 (0014.jp2)
  15. 3.2 情報処理としての認知発達 / p10 (0015.jp2)
  16. 3.3 表現の形式的定義 / p12 (0017.jp2)
  17. 3.4 問題の定式化 / p15 (0020.jp2)
  18. 4 視覚発達の計算理論 / p16 (0021.jp2)
  19. 4.1 不変量概念の拡張 / p16 (0021.jp2)
  20. 4.2 基本課題と制約 / p18 (0023.jp2)
  21. 4.3 制約の必要性 / p29 (0034.jp2)
  22. 4.4 制約の十分性 / p44 (0049.jp2)
  23. 4.5 計算理論の意味と吟味 / p48 (0053.jp2)
  24. 5 認知とその発達の関係:パラダイム間の関係 / p49 (0054.jp2)
  25. 5.1 パラダイム間の関係 / p49 (0054.jp2)
  26. 5.2 Ill-posednessと知識 / p51 (0056.jp2)
  27. 5.3 発達の計算理論の基本課題 / p51 (0056.jp2)
  28. 5.4 計算理論と発達・進化 / p52 (0057.jp2)
  29. 6 生物学的注意 / p53 (0058.jp2)
  30. 6.1 進化論と発達の計算理論 / p53 (0058.jp2)
  31. 6.2 構造的一様性と神経による実現 / p55 (0060.jp2)
  32. 6.3 進化のシナリオ / p55 (0060.jp2)
  33. 7 議論 / p57 (0062.jp2)
  34. 謝辞 / p59 (0064.jp2)
  35. 参考文献 / p60 (0065.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081707
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081915
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246021
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ