建物内外の流れ場・圧力場の相互関連性状の解析とその環境工学的応用

この論文をさがす

著者

    • 金, 永徳 キム, ヨンドク

書誌事項

タイトル

建物内外の流れ場・圧力場の相互関連性状の解析とその環境工学的応用

著者名

金, 永徳

著者別名

キム, ヨンドク

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第8972号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 序編 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.研究の目的と概要 / p2 (0009.jp2)
  5. 2.用語の定義 / p3 (0009.jp2)
  6. 3.通風と風環境設計の現状 / p3 (0009.jp2)
  7. 4.建物周辺のガス拡散現状の解明に関する現状 / p5 (0010.jp2)
  8. 5.通風に関する既往の研究成果のレビューと漏気時及び通風時の流れ場・圧力場の相違 / p5 (0010.jp2)
  9. 第1編 通風時の建物内外の流れ場・圧力場に関する風洞実験 / p8 (0012.jp2)
  10. 第1章 可視化による通風時の建物内外の流れ場の考察 / p10 (0013.jp2)
  11. 1.序 / p11 (0013.jp2)
  12. 2.実験概要 / p11 (0013.jp2)
  13. 3.実験結果 / p14 (0015.jp2)
  14. 4.まとめ / p20 (0018.jp2)
  15. 第2章 風洞実験による通風量と流れ場・圧力場の検討 / p21 (0018.jp2)
  16. 1.序 / p22 (0019.jp2)
  17. 2.実験概要 / p22 (0019.jp2)
  18. 3.実験結果 / p29 (0022.jp2)
  19. 4.まとめ / p37 (0026.jp2)
  20. 第3章 住宅における生垣による通風の促進に関する風洞実験 / p38 (0027.jp2)
  21. 1.序 / p39 (0027.jp2)
  22. 2.実験概要 / p39 (0027.jp2)
  23. 3.実験結果 / p41 (0028.jp2)
  24. 4.まとめ / p45 (0030.jp2)
  25. 第2編 パワーバランスモデルによる通風量算出モデルの検討 / p46 (0031.jp2)
  26. 第1章 エネルギー収支による通風算出モデルの考察 / p49 (0032.jp2)
  27. 1.通気輪道と動圧・静圧分布 / p50 (0033.jp2)
  28. 2.エネルギー収支による漏気(隙間風)と通風のメカニズムの違いの検討 / p51 (0033.jp2)
  29. 3.パワーバランスモデルによる通風量計算と全圧損失係数ζ / p55 (0035.jp2)
  30. 4.まとめ / p57 (0036.jp2)
  31. 第2章 風洞実験によるパワーバランス型通風量算出モデルの有効性検討 / p58 (0037.jp2)
  32. 2-1 風洞実験結果を用いた既往のモデルと新たなモデルの比較 / p59 (0037.jp2)
  33. 1.序 / p59 (0037.jp2)
  34. 2.実験概要 / p59 (0037.jp2)
  35. 3.実験結果 / p60 (0038.jp2)
  36. 4.全圧損失係数ζに関するパワーバランスモデルと従来のモデルの比較 / p63 (0039.jp2)
  37. 5.まとめ / p66 (0041.jp2)
  38. 2-2 風洞実験結果を用いた新たな通風量算出モデルの有効性の検討 / p67 (0041.jp2)
  39. 1.序 / p67 (0041.jp2)
  40. 2.実験概要 / p67 (0041.jp2)
  41. 3.実験結果 / p68 (0042.jp2)
  42. 4.まとめ / p75 (0045.jp2)
  43. 第3編 建物周辺における最大瞬間風速及び最大瞬間濃度特性に関する風洞実験 / p76 (0046.jp2)
  44. 第1章 風洞実験による高層建物周辺の突風に関する検討 / p77 (0046.jp2)
  45. 1.序 / p79 (0047.jp2)
  46. 2.実験概要 / p79 (0047.jp2)
  47. 3.実験結果 / p82 (0049.jp2)
  48. 4.まとめ / p91 (0053.jp2)
  49. 第2章 建物周辺の濃度変動の特性に関する検討 / p92 (0054.jp2)
  50. 2-1 立方体モデル周辺における濃度変動の特性に関する検討 / p94 (0055.jp2)
  51. 1.序 / p94 (0055.jp2)
  52. 2.実験概要 / p94 (0055.jp2)
  53. 3.実験結果 / p97 (0056.jp2)
  54. 4.まとめ / p103 (0059.jp2)
  55. 2-2 高層建物モデル周辺の最大瞬間濃度の性状に関して / p104 (0060.jp2)
  56. 1.序 / p104 (0060.jp2)
  57. 2.実験概要 / p104 (0060.jp2)
  58. 3.実験結果 / p106 (0061.jp2)
  59. 4.まとめ / p111 (0063.jp2)
  60. 第4編 結論と今後の課題 / p112 (0064.jp2)
  61. 参考文献及び既発表論文 / p117 (0066.jp2)
  62. 資料編 風力により生じる自然換気及びガス拡散における環境工学的応用 / p122 (0069.jp2)
  63. 第1章 自然喚起塔を持つトンネルの換気性状に関する風洞模型実験 / p123 (0069.jp2)
  64. 第2章 市場建物の自然換気塔の換気性状に関する風洞模型実験 / p137 (0076.jp2)
  65. 第3章 冷却塔排気の拡散性状に関する風洞模型実験 / p147 (0081.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081730
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081938
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246044
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ