気液界面における乱流輸送のモデル化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 村田, 章, 1963- ムラタ, アキラ

書誌事項

タイトル

気液界面における乱流輸送のモデル化に関する研究

著者名

村田, 章, 1963-

著者別名

ムラタ, アキラ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第8985号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p6 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p7 (0008.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p8 (0009.jp2)
  5. 1.3 本研究の概要 / p12 (0013.jp2)
  6. 記号表 / p13 (0014.jp2)
  7. 2.実験装置及び実験方法 / p17 (0018.jp2)
  8. 2.1 対象とする現象について / p18 (0019.jp2)
  9. 2.2 実験装置概略 / p20 (0021.jp2)
  10. 2.3 実験装置詳細 / p23 (0024.jp2)
  11. 2.4 検定装置及び検定方法 / p34 (0035.jp2)
  12. 2.5 実験方法 / p43 (0044.jp2)
  13. 2.6 CTA出力の温度補正について / p46 (0047.jp2)
  14. 2.7 実験結果整理方法 / p52 (0053.jp2)
  15. 3.不確かさ解析 / p55 (0056.jp2)
  16. 3.1 温度測定の不確かさ / p57 (0058.jp2)
  17. 3.2 速度設定に伴う不確かさ / p61 (0062.jp2)
  18. 3.3 CTA出力電圧測定の不確かさ / p66 (0067.jp2)
  19. 3.4 速度二成分計測における不確かさ / p74 (0075.jp2)
  20. 3.5 速度計測における不確かさの合計 / p77 (0078.jp2)
  21. 3.6 速度の不確かさ解析結果 / p78 (0079.jp2)
  22. 3.7 プローブの位置計測の不確かさ / p84 (0085.jp2)
  23. 3.8 整理結果の不確かさ / p85 (0086.jp2)
  24. 4.修正κ-εモデル / p88 (0089.jp2)
  25. 4.1 界面近傍での乱流諸量の漸近挙動 / p89 (0090.jp2)
  26. 4.2 渦粘度[数式]のモデル化 / p92 (0093.jp2)
  27. 4.3 ε方程式 / p94 (0095.jp2)
  28. 4.4 κの境界条件 / p95 (0096.jp2)
  29. 4.5 εの境界条件 / p96 (0097.jp2)
  30. 4.6 修正κ-εモデル一覧 / p97 (0098.jp2)
  31. 5.数値解析方法 / p98 (0099.jp2)
  32. 5.1 一次元数値解析 / p99 (0100.jp2)
  33. 5.2 二次元数値解析 / p108 (0109.jp2)
  34. 6.空気-水系の実験結果及び数値解析結果 / p123 (0124.jp2)
  35. 6.1 概要 / p124 (0125.jp2)
  36. 6.2 シングル・プローブによる並行流実験結果及び一次元数値解析結果 / p127 (0128.jp2)
  37. 6.3 シングル・プローブによる対向流実験結果及び一次元数値解析結果 / p178 (0179.jp2)
  38. 6.4 修正κ-εモデルに関する考察 / p188 (0189.jp2)
  39. 6.5 スプリット・フィルム・プローブによる実験結果 / p224 (0225.jp2)
  40. 6.6 空気-水系の実験および数値解析結果のまとめ / p270 (0271.jp2)
  41. 7.水蒸気-サブクール水系の界面凝縮熱伝達予測 / p271 (0272.jp2)
  42. 7.1 概要 / p272 (0273.jp2)
  43. 7.2 比較対象の実験について / p274 (0275.jp2)
  44. 7.3 界面更新モデル / p279 (0280.jp2)
  45. 7.4 熱伝導モデル / p284 (0285.jp2)
  46. 7.5 修正κ-εモデルによる界面凝縮熱伝達予測 / p286 (0287.jp2)
  47. 7.6 各モデルによる予測結果および考察 / p290 (0291.jp2)
  48. 7.7 温度成層の効果について(Richardson数の効果) / p310 (0311.jp2)
  49. 7.8 界面更新モデルのみによる予測結果 / p314 (0315.jp2)
  50. 7.9 凝縮熱伝達予測のまとめ / p319 (0320.jp2)
  51. 8.結論 / p320 (0321.jp2)
  52. 参考文献 / p324 (0325.jp2)
  53. 付録 / p330 (0331.jp2)
  54. 付.1 一次元数値解析の初期条件 / p331 (0332.jp2)
  55. 付.2 空気-水系実験における気相側の結果 / p334 (0335.jp2)
  56. 付.3 実験データ表 / p347 (0348.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081743
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012367
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246057
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ