幾何制約と推論に基づく形状モデリング

この論文をさがす

著者

    • 安藤, 英俊 アンドウ, ヒデトシ

書誌事項

タイトル

幾何制約と推論に基づく形状モデリング

著者名

安藤, 英俊

著者別名

アンドウ, ヒデトシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第9063号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0005.jp2)
  2. 1 序論 / 1-1 / (0012.jp2)
  3. 1.1 はじめに / 1-2 / (0013.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / 1-3 / (0014.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / 1-4 / (0015.jp2)
  6. 2 機械製品のCAD/CAMシステムにおける形状設計 / 2-1 (0016.jp2)
  7. 2.1 CAD/CAMシステム / 2-2 (0017.jp2)
  8. 2.2 プロダクトモデル / 2-6 / (0021.jp2)
  9. 2.3 形状モデリングにおける問題点 / 2-8 / (0023.jp2)
  10. 2.4 まとめ / 2-19 / (0034.jp2)
  11. 3 幾何推論における依存関係管理 / 3-1 / (0035.jp2)
  12. 3.1 論理に基づく制約の表現 / 3-3 / (0037.jp2)
  13. 3.2 ATMSによる依存関係管理 / 3-8 / (0042.jp2)
  14. 3.3 まとめ / 3-20 / (0054.jp2)
  15. 4 推論機構の実現 / 4-1 / (0055.jp2)
  16. 4.1 ATMSの問題点と拡張 / 4-2 / (0056.jp2)
  17. 4.2 Reteアルゴリズム / 4-11 / (0065.jp2)
  18. 4.3 まとめ / 4-19 / (0073.jp2)
  19. 5 試作システムの構成 / 5-1 / (0074.jp2)
  20. 5.1 前向き推論機構 / 5-2 / (0075.jp2)
  21. 5.2 幾何制約と対象形状の表現 / 5-12 / (0085.jp2)
  22. 5.3 幾何制約に基づく形状決定 / 5-12 / (0085.jp2)
  23. 5.4 幾何推論における依存関係の利用例 / 5-16 / (0089.jp2)
  24. 5.5 まとめ / 5-19 / (0092.jp2)
  25. 6 形状モデリングへの応用 / 6-1 / (0095.jp2)
  26. 6.1 寸法に基づく形状モデリング / 6-2 / (0096.jp2)
  27. 6.2 公差評価 / 6-13 / (0107.jp2)
  28. 6.3 幾何制約による形状の位相変更 / 6-19 / (0113.jp2)
  29. 6.4 立体形状のモデリング / 6-33 / (0127.jp2)
  30. 6.5 形状特徴モデリングへの応用 / 6-44 / (0138.jp2)
  31. 6.6 まとめ / 6-51 / (0145.jp2)
  32. 7 結論 / 7-1 / (0146.jp2)
  33. 7.1 本研究の成果 / 7-2 / (0147.jp2)
  34. 7.2 今後の展開 / 7-3 / (0148.jp2)
  35. 謝辞 / A-1 / (0150.jp2)
  36. 参考文献 / A-3 / (0152.jp2)
  37. 投稿論文 / A-14 / (0163.jp2)
  38. 口頭発表 / A-16 / (0165.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081821
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082029
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246135
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ