ケミカルヒートポンプに用いる有機化学触媒反応の研究

この論文をさがす

著者

    • 山下, 勝 ヤマシタ, マサル

書誌事項

タイトル

ケミカルヒートポンプに用いる有機化学触媒反応の研究

著者名

山下, 勝

著者別名

ヤマシタ, マサル

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第9069号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / p4 (0006.jp2)
  2. はじめに / p1 (0003.jp2)
  3. 要旨 / p4 (0006.jp2)
  4. 目次 / p14 (0016.jp2)
  5. 第1章. 省エネルギー技術としてのケミカルヒートポンプ / p17 (0019.jp2)
  6. 1-1: 現代社会における排熱状況 / p17 (0019.jp2)
  7. 1-2: 各種ヒートポンプの特徴 / p22 (0024.jp2)
  8. 1-3: 化学反応を利用したケミカルヒートポンプ / p24 (0026.jp2)
  9. 1-4: 2-プロパノール/アセトン/水素系ケミカルヒ一トポンプ / p28 (0030.jp2)
  10. 1-5: ベンゼン/シクロヘキサン/水素系ケミカルヒートポンプ / p36 (0038.jp2)
  11. 1-6: まとめ / p38 (0040.jp2)
  12. 第2章. ガス中蒸発法調製微粒金属ニッケルによる2-プロパノール液相脱水素反応 / p41 (0043.jp2)
  13. 2-1: 緒言と実験方法 / p41 (0043.jp2)
  14. 2-2: 微粒金属ニッケルによる2-プロパノール液相脱水素反応 / p51 (0053.jp2)
  15. 2-3: 2-プロパノール液相脱水素反応の特徴 / p64 (0066.jp2)
  16. 2-4: まとめ / p78 (0080.jp2)
  17. 第3章. ガス中蒸発法調製微粒金属ニッケルによるシクロヘキサノール液相脱水素反応 / p83 (0085.jp2)
  18. 3-1: 緒言と実験方法 / p83 (0085.jp2)
  19. 3-2: 微粒金属ニッケルによるシクロヘキサノール液相脱水素反応とその特徴 / p84 (0086.jp2)
  20. 3-3: まとめ / p88 (0090.jp2)
  21. 第4章. 懸濁系貴金属触媒による2-プロパノール液相脱水素反応とアセトン液相水素化反応 / p90 (0092.jp2)
  22. 4-1: 緒言と実験方法 / p90 (0092.jp2)
  23. 4-2: カーボンおよびアルミナ担持貴金属触媒による2-プロパノール液相脱水素反応とアセトン液相水素化反応 / p93 (0095.jp2)
  24. 4-3: まとめ / p100 (0102.jp2)
  25. 第5章. カーボン担持ルテニウム触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p102 (0104.jp2)
  26. 5-1: 緒言と実験方法 / p102 (0104.jp2)
  27. 5-2: カーボン担持ルテニウム触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p104 (0106.jp2)
  28. 5-3: 2-プロパノール液相脱水素反応の特徴 / p112 (0114.jp2)
  29. 5-4: まとめ / p116 (0118.jp2)
  30. 第6章. カーボン担持白金触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p119 (0121.jp2)
  31. 6-1: 緒言と実験方法 / p119 (0121.jp2)
  32. 6-2: カーボン担持白金触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p122 (0124.jp2)
  33. 6-3: 2-プロパノール液相脱水素反応の特徴 / p128 (0130.jp2)
  34. 6-4: まとめ / p130 (0132.jp2)
  35. 第7章. カーボン担持ルテニウム-白金複合触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p133 (0135.jp2)
  36. 7-1: 緒言と実験方法 / p133 (0135.jp2)
  37. 7-2: カーボン担持ルテニウム-白金複合触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p137 (0136.jp2)
  38. 7-3: 2-プロパノール液相脱水素反応の特徴と触媒表面状態 / p139 (0141.jp2)
  39. 7-4: まとめ / p140 (0142.jp2)
  40. 第8章. カーボン担持ロジウムおよびパラジウム触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p142 (0144.jp2)
  41. 8-1: 緒言と実験方法 / p142 (0144.jp2)
  42. 8-2: カーボン担持ロジウムおよびパラジウム触媒による2-プロパノール液相脱水素反応 / p143 (0145.jp2)
  43. 8-3: 2-プロパノール液相脱水素反応の特徴 / p147 (0149.jp2)
  44. 8-4: まとめ / p152 (0154.jp2)
  45. 第9章. カーボンおよびアルミナ担持貴金属触媒によるシクロヘキサノール液相脱水素反応とシクロヘキサノン液相水素化反応 / p154 (0156.jp2)
  46. 9-1: 緒言と実験方法 / p154 (0156.jp2)
  47. 9-2: 各種貴金属触媒によるシクロヘキサノール液相脱水素反応とシクロヘキサノン液相水素化反応とその特徴 / p155 (0157.jp2)
  48. 9-3: まとめ / p157 (0159.jp2)
  49. 第10章: 2-プロパノール/アセトン/水素系ケミカルヒートポンプシステムにおける特性評価 / p161 (0163.jp2)
  50. 10-1: 液相脱水素反応における触媒評価 / p161 (0163.jp2)
  51. 10-2: 将来展望 / p166 (0168.jp2)
  52. 投稿論文と発表状況 / p172 (0174.jp2)
  53. 謝辞 / p178 (0180.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081827
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082035
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246141
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ