ウナギの初期生活史と接岸回遊機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 梅沢, 彰馬 ウメザワ, アキマ

書誌事項

タイトル

ウナギの初期生活史と接岸回遊機構に関する研究

著者名

梅沢, 彰馬

著者別名

ウメザワ, アキマ

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第9107号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文内容要旨 / p1 (0001.jp2)
  2. 第I章 序論 / p1 (0011.jp2)
  3. 第II章 ウナギの耳石日周輪 / p5 (0015.jp2)
  4. 第1節 はじめに / p5 (0015.jp2)
  5. 第2節 材料と方法 / p7 (0017.jp2)
  6. 第1項 ウナギ / p7 (0017.jp2)
  7. 第2項 標本作成と観察 / p9 (0019.jp2)
  8. 第3項 シラスウナギの飼育実験 / p12 (0022.jp2)
  9. 第4項 解析 / p13 (0023.jp2)
  10. 第5項 ハモ・ウツボの孵化仔魚 / p15 (0025.jp2)
  11. 第3節 ウナギ仔魚期の輪紋形成 / p16 (0026.jp2)
  12. 第1項 ウナギ / p16 (0026.jp2)
  13. 第2項 体成長率と耳石成長率 / p19 (0029.jp2)
  14. 第3項 孵化輪 / p23 (0033.jp2)
  15. 第4項 ハモ・ウツボの輪紋形成と体成長 / p24 (0034.jp2)
  16. 第4節 ウナギ耳石の日周輪形成に及ぼす環境要因 / p25 (0035.jp2)
  17. 第1項 輪紋形成 / p25 (0035.jp2)
  18. 第2項 体成長と耳石成長 / p28 (0038.jp2)
  19. 第3項 1才魚の輪紋構造 / p31 (0041.jp2)
  20. 第4項 査定誤差 / p31 (0041.jp2)
  21. 第5節 考察 / p34 (0044.jp2)
  22. 第1項 孵化輪と第1輪の形成時期 / p34 (0044.jp2)
  23. 第2項 日周輪形成に及ぼす環境要因の影響 / p35 (0045.jp2)
  24. 第3項 天然魚の令査定 / p38 (0048.jp2)
  25. 第III章 初期生活史 / p40 (0050.jp2)
  26. 第1節 はじめに / p40 (0050.jp2)
  27. 第1項 研究史と本研究の目的 / p40 (0050.jp2)
  28. 第2項 発育段階について / p44 (0054.jp2)
  29. 第2節 材料と方法 / p47 (0057.jp2)
  30. 第1項 魚 / p47 (0057.jp2)
  31. 第2項 解析方法 / p51 (0061.jp2)
  32. 第3節 ウナギの日令と孵化日 / p58 (0068.jp2)
  33. 第1項 日令と孵化日 / p58 (0068.jp2)
  34. 第2項 接岸時期と日令・孵化日 / p60 (0070.jp2)
  35. 第4節 ウナギの成長 / p60 (0070.jp2)
  36. 第1項 体成長 / p60 (0070.jp2)
  37. 第2項 体長と耳石径 / p68 (0078.jp2)
  38. 第5節 大西洋ウナギ / p74 (0084.jp2)
  39. 第1項 耳石輪紋数と推定孵化日 / p74 (0084.jp2)
  40. 第2項 成長 / p74 (0084.jp2)
  41. 第6節 変態 / p79 (0089.jp2)
  42. 第1項 変態の時期 / p79 (0089.jp2)
  43. 第2項 変態後の体長変化 / p89 (0099.jp2)
  44. 第3項 変態と接岸 / p89 (0099.jp2)
  45. 第7節 考察 / p100 (0110.jp2)
  46. 第1項 産卵期 / p100 (0110.jp2)
  47. 第2項 変態 / p102 (0112.jp2)
  48. 第IV章 接岸生態 / p106 (0116.jp2)
  49. 第1節 はじめに / p106 (0116.jp2)
  50. 第2節 材料と方法 / p107 (0117.jp2)
  51. 第1項 採集の場所と方法 / p107 (0117.jp2)
  52. 第2項 活動周期性の観察 / p114 (0124.jp2)
  53. 第3節 接岸来遊時の日令と体長 / p116 (0126.jp2)
  54. 第1項 接岸量の変化 / p116 (0126.jp2)
  55. 第2項 接岸した魚の日令と孵化日 / p116 (0126.jp2)
  56. 第3項 接岸した魚の体長と色素発現 / p124 (0134.jp2)
  57. 第4節 活動周期性 / p133 (0143.jp2)
  58. 第5節 考察 / p133 (0143.jp2)
  59. 第1項 潮差と魚 / p133 (0143.jp2)
  60. 第2項 活動周期と湖河 / p138 (0148.jp2)
  61. 第V章 ウナギの接岸回遊機構 / p140 (0150.jp2)
  62. 謝辞 / p144 (0154.jp2)
  63. 文献 / p147 (0157.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081865
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082073
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246179
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ