チトクロームP-450機能発現に及ぼす構造特性の解釈 : 特に軸配位子チオレート基の効果

この論文をさがす

著者

    • 文, 田玉 ムン, ジョンオク

書誌事項

タイトル

チトクロームP-450機能発現に及ぼす構造特性の解釈 : 特に軸配位子チオレート基の効果

著者名

文, 田玉

著者別名

ムン, ジョンオク

学位授与大学

東京大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第9189号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 研究の背景 / (0006.jp2)
  3. 第一章 P-450の触媒サイクルにおける軸配位子チオレート基効果の特定 / (0015.jp2)
  4. 第一節 チトクロームP-420の調製 / p11 (0016.jp2)
  5. はじめに / p11 (0016.jp2)
  6. 実験の部 / p13 (0018.jp2)
  7. 結果&考察 / p16 (0021.jp2)
  8. 要約 / p24 (0029.jp2)
  9. 第二節 酸化剤存在下の基質酸化活性に及ぼすチオレート基の効果 / p26 (0031.jp2)
  10. はじめに / p26 (0031.jp2)
  11. 実験の部 / p29 (0034.jp2)
  12. 結果&考察 / p33 (0038.jp2)
  13. 要約 / p49 (0054.jp2)
  14. 第三節 NADPH/0₂系でのミグゾームP-450およびP-420の基質酸化活性 / p51 (0056.jp2)
  15. はじめに / p51 (0056.jp2)
  16. 実験の部 / p51 (0056.jp2)
  17. 結果 / p56 (0061.jp2)
  18. 考察 / p65 (0070.jp2)
  19. 第四節 一番目電子移動におけるチオレート基の効果 / p66 (0071.jp2)
  20. はじめに / p66 (0071.jp2)
  21. 結果 / p66 (0071.jp2)
  22. 要約 / p70 (0075.jp2)
  23. 第五節 一電子還元体と酸素との反応性におけるチオレート基の効果 / p71 (0076.jp2)
  24. はじめに / p71 (0076.jp2)
  25. 結果 / p71 (0076.jp2)
  26. 考察 / p73 (0078.jp2)
  27. 要約 / p78 (0083.jp2)
  28. 第六節 P-450とP-420の活性酸素に対する安定性の比較 / p79 (0084.jp2)
  29. はじめに / p79 (0084.jp2)
  30. 結果 / p79 (0084.jp2)
  31. 第七節 小括 / p85 (0090.jp2)
  32. 第二章 酸化活性種の形成様式におけるチトクロームP-450の特徴 / (0092.jp2)
  33. 結果 / p88 (0093.jp2)
  34. 考察 / p89 (0094.jp2)
  35. 第三章 酸化活性種の性質に及ぼす軸配位子の効果 / (0100.jp2)
  36. 第一節 N-脱メチル化活性における軸配位子効果 / p96 (0101.jp2)
  37. 結果&考察 / p96 (0101.jp2)
  38. 第二節 酸化活性種の反応性に及ぼす軸配位子の効果 / p101 (0106.jp2)
  39. 結果&考察 / p101 (0106.jp2)
  40. 総括 / 102-2 / (0108.jp2)
  41. 参考文献 / p103 (0109.jp2)
  42. 謝辞 / (0113.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081947
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082155
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246261
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ