コーステックス法と光弾性法による三次元き裂の応力拡大係数の解析に関する基礎研究

この論文をさがす

著者

    • 呉, 大方 ウー, ターファン

書誌事項

タイトル

コーステックス法と光弾性法による三次元き裂の応力拡大係数の解析に関する基礎研究

著者名

呉, 大方

著者別名

ウー, ターファン

学位授与大学

関東学院大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第10号

学位授与年月日

1992-03-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p4 (0007.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p4 (0007.jp2)
  4. 1-2 本論文の概要 / p10 (0013.jp2)
  5. 文献 / p12 (0015.jp2)
  6. 第2章 コーステックス法と光弾性法による三次元表面き裂の応力拡大係数Kɪの算定 / p15 (0018.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p15 (0018.jp2)
  8. 2-2 応力拡大係数の測定方法 / p16 (0019.jp2)
  9. 2-3 試験片および実験方法 / p25 (0028.jp2)
  10. 2-4 実験結果および考察 / p28 (0031.jp2)
  11. 2-5 結言 / p34 (0037.jp2)
  12. 文献 / p36 (0039.jp2)
  13. 第3章 コーステックス法による三次元き裂の応力拡大係数[数式]の実験的研究 / p38 (0041.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p38 (0041.jp2)
  15. 3-2 応力拡大係数の決定 / p39 (0042.jp2)
  16. 3-3 試験片および実験方法 / p45 (0048.jp2)
  17. 3-4 実験結果および考察 / p53 (0056.jp2)
  18. 3-5 結言 / p56 (0059.jp2)
  19. 文献 / p58 (0061.jp2)
  20. 第4章 コーステックス法と光弾性法による三次元き裂の混合モード応力拡大係数[数式]、[数式]の解析 / p61 (0064.jp2)
  21. 4-1 緒言 / p61 (0064.jp2)
  22. 4-2 試験片および実験方法 / p62 (0065.jp2)
  23. 4-3 応力拡大係数の決定 / p72 (0075.jp2)
  24. 4-4 実験結果および考察 / p75 (0078.jp2)
  25. 4-5 結言 / p80 (0083.jp2)
  26. 文献 / p84 (0087.jp2)
  27. 第5章 三次元傾斜表面き裂の応力拡大係数の光弾性実験 / p86 (0089.jp2)
  28. 5-1 緒言 / p86 (0089.jp2)
  29. 5-2 試験片および実験方法 / p87 (0090.jp2)
  30. 5-3 応力拡大係数の算定 / p91 (0094.jp2)
  31. 5-4 実験結果および考察 / p97 (0100.jp2)
  32. 5-5 結言 / p104 (0107.jp2)
  33. 文献 / p104 (0107.jp2)
  34. 第6章 コーステックス法による光弾性材料特性の測定に関する実験 / p107 (0110.jp2)
  35. 6-1 緒言 / p107 (0110.jp2)
  36. 6-2 測定原理 / p107 (0110.jp2)
  37. 6-3 試験片および実験方法 / p111 (0114.jp2)
  38. 6-4 実験結果および考察 / p114 (0117.jp2)
  39. 6-5 結言 / p117 (0120.jp2)
  40. 文献 / p120 (0123.jp2)
  41. 第7章 結論 / p122 (0125.jp2)
  42. 謝辞 / p126 (0129.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081999
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082207
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246313
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ