有機高分子粒子含有複合めっきの研究

この論文をさがす

著者

    • 西村, 邦子 ニシムラ, クニコ

書誌事項

タイトル

有機高分子粒子含有複合めっきの研究

著者名

西村, 邦子

著者別名

ニシムラ, クニコ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第681号

学位授与年月日

1992-01-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1節 従来の複合めっきの概要 / p1 (0005.jp2)
  4. 2節 本研究の目的 / p5 (0007.jp2)
  5. 3節 本研究の概要 / p7 (0008.jp2)
  6. 第2章 接着性下地としての有機高分子粒子含有複合めっき / p9 (0009.jp2)
  7. 1節 緒言 / p9 (0009.jp2)
  8. 2節 実験方法 / p10 (0010.jp2)
  9. 2.1 スチレン・ブタジエン共重合体・亜鉛複合めっき / p10 (0010.jp2)
  10. 2.2 エポキシ樹脂粒子・銅複合めっき / p10 (0010.jp2)
  11. 2.3 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっき / p11 (0010.jp2)
  12. 3節 実験結果および考察 / p12 (0011.jp2)
  13. 3.1 スチレン・ブタジエン共重合体・亜鉛複合めっき / p12 (0011.jp2)
  14. 3.2 エポキシ樹脂粒子・銅複合めっき / p14 (0012.jp2)
  15. 3.3 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっき / p15 (0012.jp2)
  16. 4節 まとめ / p18 (0014.jp2)
  17. 第3章 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっき樹脂含有量と電析条件の関係 / p19 (0014.jp2)
  18. 1節 緒言 / p19 (0014.jp2)
  19. 2節 実験方法 / p19 (0014.jp2)
  20. 2.1 陰極電流効率の測定 / p19 (0014.jp2)
  21. 2.2 皮膜中のフェノール樹脂粒子含有量におよぼすめっき条件 / p20 (0015.jp2)
  22. 2.3 SEM観察用試料の作成 / p21 (0015.jp2)
  23. 3節 実験結果 / p21 (0015.jp2)
  24. 3.1 陰極電流効率 / p21 (0015.jp2)
  25. 3.2 めっき条件と皮膜中のフェノール樹脂粒子含有量の関係 / p23 (0016.jp2)
  26. 3.3 SEM観察 / p26 (0018.jp2)
  27. 4節 考察 / p28 (0019.jp2)
  28. 4.1 陰極電流効率 / p28 (0019.jp2)
  29. 4.2 フェノール樹脂粒子の含有量 / p28 (0019.jp2)
  30. 4.3 SEM観察 / p31 (0020.jp2)
  31. 5節 まとめ / p31 (0020.jp2)
  32. 第4章 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっき面と高分子の接着性 / p34 (0022.jp2)
  33. 1節 緒言 / p34 (0022.jp2)
  34. 2節 実験方法 / p35 (0022.jp2)
  35. 2.1 試料の作成 / p35 (0022.jp2)
  36. 2.2 接着方法 / p36 (0023.jp2)
  37. 2.3 剥離強さの測定 / p36 (0023.jp2)
  38. 3節 実験結果 / p37 (0023.jp2)
  39. 3.1 ポリエチレンとの接着性 / p38 (0024.jp2)
  40. 3.2 ポリアミドとの接着性 / p41 (0025.jp2)
  41. 4節 考察 / p43 (0026.jp2)
  42. 4.1 ポリエチレンとの接着性 / p43 (0026.jp2)
  43. 4.2 ポリアミドとの接着性 / p44 (0027.jp2)
  44. 5節 まとめ / p45 (0027.jp2)
  45. 第5章 複合めっき膜中のフェノール樹脂粒子含有状態とポリアミドとの接着性 / p47 (0028.jp2)
  46. 1節 緒言 / p47 (0028.jp2)
  47. 2節 実験方法 / p48 (0029.jp2)
  48. 2.1 試料の作成 / p48 (0029.jp2)
  49. 2.2 複合めっき皮膜表面の露出粒子の表面積測定 / p48 (0029.jp2)
  50. 2.3 接着方法および剥離強さの測定 / p49 (0029.jp2)
  51. 3節 実験結果および考察 / p49 (0029.jp2)
  52. 3.1 表面積占有率と接着性 / p49 (0029.jp2)
  53. 3.2 粒子の付着含有状態と粒径 / p55 (0032.jp2)
  54. 4節 まとめ / p58 (0034.jp2)
  55. 第6章 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっきの共析機構に関する一考察 / p59 (0034.jp2)
  56. 1節 緒言 / p59 (0034.jp2)
  57. 2節 実験方法 / p62 (0036.jp2)
  58. 3節 実験結果および考察 / p63 (0036.jp2)
  59. 3.1 表面被覆率 / p63 (0036.jp2)
  60. 3.2 フェノール樹脂粒子・亜鉛複合めっき系の共析機構 / p64 (0037.jp2)
  61. 4節 まとめ / p71 (0040.jp2)
  62. 第7章 フッ素樹脂粒子含有複合めっき / p73 (0041.jp2)
  63. 1節 緒言 / p73 (0041.jp2)
  64. 2節 実験方法 / p74 (0042.jp2)
  65. 2.1 粒径の含有量におよぼす影響 / p74 (0042.jp2)
  66. 2.2 複合めっき皮膜の平滑化 / p75 (0042.jp2)
  67. 2.3 複合めっき皮膜の特性 / p75 (0042.jp2)
  68. 3節 実験結果および考察 / p77 (0043.jp2)
  69. 3.1 粒径の含有量におよぼす影響 / p77 (0043.jp2)
  70. 3.2 複合めっき皮膜表面の検討 / p80 (0045.jp2)
  71. 3.3 複合めっき皮膜の特性 / p84 (0047.jp2)
  72. 4節 まとめ / p85 (0047.jp2)
  73. 第8章 フッ素樹脂粒子・ニッケル複合めっきの応用 / p88 (0049.jp2)
  74. 1節 緒言 / p88 (0049.jp2)
  75. 2節 実験方法 / p89 (0049.jp2)
  76. 2.1 高分子フィルム成型用金型における性能評価 / p89 (0049.jp2)
  77. 2.2 ステンレス・ワイヤーの伸線における性能評価 / p90 (0050.jp2)
  78. 2.3 家庭用電気製品の摺動試験 / p90 (0050.jp2)
  79. 2.4 ビス類の締め付け時の潤滑性試験 / p91 (0050.jp2)
  80. 3節 実験結果および考察 / p91 (0050.jp2)
  81. 3.1 高分子フィルム成型用金型における性能評価 / p91 (0050.jp2)
  82. 3.2 ステンレス・ワイヤーの延伸への応用 / p92 (0051.jp2)
  83. 3.3 家庭用電気製品の摺動試験 / p93 (0051.jp2)
  84. 3.4 ビス類の締め付け時の潤滑性試験 / p94 (0052.jp2)
  85. 4節 まとめ / p94 (0052.jp2)
  86. 第9章 総括 / p97 (0053.jp2)
  87. 謝辞 / p102 (0056.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082234
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082442
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246548
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ