有機溶媒中での酵素触媒不斉反応の設計とグリセロール骨格をもつ光学活性医薬品合成への応用研究

この論文をさがす

著者

    • 村田, 正和 ムラタ, マサカズ

書誌事項

タイトル

有機溶媒中での酵素触媒不斉反応の設計とグリセロール骨格をもつ光学活性医薬品合成への応用研究

著者名

村田, 正和

著者別名

ムラタ, マサカズ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第9号

学位授与年月日

1992-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 光学活性グリセロール誘導体の不斉合成 / p6 (0006.jp2)
  4. 第1節 2-O-置換グリセロールジエステルの不斉加分解反応 / p8 (0007.jp2)
  5. 第2節 2-O-置換グリセロールの不斉エステル化反応 / p10 (0008.jp2)
  6. 第3節 2-O-置換グリセロールの不斉エステル転移反応 / p15 (0010.jp2)
  7. 第2章 光学活性グリセロール誘導体の医薬品合成への応用 / p19 (0012.jp2)
  8. 第1節 プロプラノロールの合成 / p20 (0013.jp2)
  9. 第2節 アシクロAZT類の合成 / p22 (0014.jp2)
  10. 第3節 PAF関連化合物の合成 / p24 (0015.jp2)
  11. 第3章 光学活性1,4-ジオール誘導体の不斉合成 / p27 (0016.jp2)
  12. 第1節 1,4-ジオール類の不斉合成 / p28 (0017.jp2)
  13. 第2節 光学活性TXA₂アンタゴニストの合成 / p32 (0019.jp2)
  14. 第4章 酸無水物を用いた光学分割の開発 / p35 (0020.jp2)
  15. 第5章 光学活性バルビツール酸誘導体の不斉合成 / p38 (0022.jp2)
  16. 第1節 アシロキシメチル基を用いた不斉加水分解 / p38 (0022.jp2)
  17. 第2節 光学活性フェバルバメートの合成 / p45 (0025.jp2)
  18. 結論 / p49 (0027.jp2)
  19. 謝辞 / p50 (0028.jp2)
  20. 実験の部 / p51 (0028.jp2)
  21. 参考文献 / p87 (0046.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082335
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082543
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246649
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ