グアノシンの1位アナログの合成研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 広淳 マツモト, ヒロアツ

書誌事項

タイトル

グアノシンの1位アナログの合成研究

著者名

松本, 広淳

著者別名

マツモト, ヒロアツ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第9号

学位授与年月日

1992-01-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / p5 (0007.jp2)
  4. 第一章 9-[(2-Hydroxyethoxy)methy1]guanine(Acyclovir)の簡易合成 / p5 (0007.jp2)
  5. 第一節 2-Acetoxyethoxymethyl acetateの合成 / p8 (0009.jp2)
  6. 第二節 Guanineを原料としたAcyclovirの合成 / p9 (0009.jp2)
  7. 第三節 N2,0-Diacetylacyclovirの選択的脱保護 / p13 (0011.jp2)
  8. 第二章 l-Oxaguanineと1-Oxacyclovir及びその誘導体の合成 / p15 (0012.jp2)
  9. 第一節 Ethyl 4(5)-aminoimidazole-5(4)-carboxy1ateの合成 / p18 (0014.jp2)
  10. 第二節 1-Oxaguanineの合成 / p20 (0015.jp2)
  11. 第三節 Ethyl 1-[(2-acetoxyethoxy)methy1]-5-aminoimidazole-4-carboxylateの合成 / p22 (0016.jp2)
  12. 第四節 1-Oxacyc1ovirの合成 / p24 (0017.jp2)
  13. 第五節 1-Oxacyclovir誘導体、9-[(2-acyloxyethoxy)methyl]-2-alkyl-l-oxapurine-6(9H)-oneの合成 / p26 (0018.jp2)
  14. 第三章 1-Thiaguanineと1-Thiacyclovir及びその誘導体の合成 / p28 (0019.jp2)
  15. 第一節 ヂオウレイド型イミダゾール誘導体のアニュレーション反応によるl-Tliiaguanineの合成 / p33 (0021.jp2)
  16. 第二節 アシルアミノ型及びウレイド型イミダゾール誘導体とローソン試薬による2-Substituted 1-thiapurine-6(9H)-thione類の合成 / p34 (0022.jp2)
  17. 第三節 2-Substituted 1-thiapurine-6(9H)-thione類の対応する6(9H)-one体への変換 / p37 (0023.jp2)
  18. 第四節 2-Substituted 1-thiapurine-6(9H)-thione類の2-acetoxyethoxymethyl化 / p38 (0024.jp2)
  19. 第五節 2-Substituted 9-[(2-acetoxyethoxy)-methy1]-l-thiapurine-6(9H)-thione類の対応する6(9H)-one体への変換 / p43 (0026.jp2)
  20. 第六節 Guanine及びAcyclovirの1位アナログの酸、アルカリに対する安定性 / p44 (0027.jp2)
  21. 第四章 1-Thiaguanosine及びその誘導体の合成 / p47 (0028.jp2)
  22. 第一節 2-Substituted 1-thiapurine-6(9H)-thione類のリボシル化 / p48 (0029.jp2)
  23. 第二節 2-Substituted 9-(2,3,5-tri-0-acety1-1-β-D-ribofuranosyl)-l-thiapurine-6(9H)-thione類の対応する6(9H)-one体への変換 / p52 (0031.jp2)
  24. 第五章 1-Selenapurine環の新合成法 / p55 (0032.jp2)
  25. 第一節 セレノウレイド型イミダゾール誘導体の合成 / p58 (0034.jp2)
  26. 第二節 セレノウレイド型イミダゾール誘導体のアニュレーション反応による1-Selenaguanineの合成 / p60 (0035.jp2)
  27. 第三節 4(5)-Aminoimidazole-5(4)-carbonitrileとBenzhydryl isoselenocyanateとの反応による1-Selenapurine環合成 / p63 (0036.jp2)
  28. 第四節 Sodium 5-amino-l-benzylimidazole-4-carboxylateとbenzhydryl isoseleno-cyanateとの反応による1-oxapurine環の合成 / p66 (0038.jp2)
  29. 結論 / p68 (0039.jp2)
  30. 謝辞 / p72 (0041.jp2)
  31. 実験の部 / p73 (0041.jp2)
  32. 参考文献 / p124 (0067.jp2)
  33. 化合物番号と構造対照表 / p130 (0070.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082337
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082545
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246651
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ