制癌性2'-位置換デオキシシチジン類の作用機序の検討 : 各種DNAポリメラーゼに対する阻害作用

この論文をさがす

著者

    • 竹貫, 健二 タケヌキ, ケンジ

書誌事項

タイトル

制癌性2'-位置換デオキシシチジン類の作用機序の検討 : 各種DNAポリメラーゼに対する阻害作用

著者名

竹貫, 健二

著者別名

タケヌキ, ケンジ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第2962号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語表 / (0005.jp2)
  3. 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 2'-デオキシ-2'-アルキルピリミジンヌクレオシドの合成 / p8 (0013.jp2)
  5. 1-4.第一章のまとめ / p25 (0030.jp2)
  6. 第二章 2'-位メチリデンピリミジンヌクレオシドのデザインと合成および生物活性 / p26 (0031.jp2)
  7. 2-1.2'-位メチリデンピリミジンヌクレオシドのデザイン / p26 (0031.jp2)
  8. 2-2.2'-位メチリデンピリミジンヌクレオシドの合成 / p29 (0034.jp2)
  9. 2-4.第二章のまとめ / p38 (0043.jp2)
  10. 第三章 種々の2'-位置換シチジン5'-トリリン酸体のDNAポリメラーゼに対する挙動 / p39 (0044.jp2)
  11. 3-1.作用メカニズムの予備的検討 / p40 (0045.jp2)
  12. 3-3.DNAポリメラーゼαによる鎖伸長反応におけるdCTPアナローグの挙動 / p48 (0053.jp2)
  13. 3-4.取り込み相対速度の測定 / p53 (0058.jp2)
  14. 3-5.第三章のまとめ / p55 (0060.jp2)
  15. 第四章 DMDC糖部アリルアルコール系の活性発現への関与の可能性 / p56 (0061.jp2)
  16. 4-1.3'-位リン酸アリルエステルの反応性 / p56 (0061.jp2)
  17. 4-2.3'-位アリルラジカルを経由する活性発現機序 / p57 (0062.jp2)
  18. 結語 / p61 (0066.jp2)
  19. 謝辞 / p62 (0067.jp2)
  20. 実験の部 / p63 (0068.jp2)
  21. 参考文献 / p75 (0080.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082339
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082547
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246653
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ