国際環境法における通報協議義務

この論文をさがす

著者

    • 一之瀬, 高博 イチノセ, タカヒロ

書誌事項

タイトル

国際環境法における通報協議義務

著者名

一之瀬, 高博

著者別名

イチノセ, タカヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

環境科学博士

学位授与番号

甲第2968号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 本論文の目的と構成 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 国際環境損害の防止義務の内容 / p6 (0010.jp2)
  4. 第1節 国際河川汚染に関する実体法規 / p6 (0010.jp2)
  5. 第2節 越境大気汚染に関する実体法規 / p17 (0021.jp2)
  6. 第3節 国際環境損害の防止義務と領域管理責任の原則 / p24 (0028.jp2)
  7. 第3章 国際環境損害の防止義務の限界 / p35 (0039.jp2)
  8. 第1節 環境損害の重大性 / p35 (0039.jp2)
  9. 第2節 国家の側の過失 / p41 (0045.jp2)
  10. 第4章 通報協議義務の必要性 / p47 (0051.jp2)
  11. 第1節 国際環境損害防止の必要性 / p47 (0051.jp2)
  12. 第2節 通報協議義務の必要性 / p53 (0057.jp2)
  13. 第5章 通報協議義務の成立 / p57 (0061.jp2)
  14. 第1節 通報協議義務に関する国際判例 / p57 (0061.jp2)
  15. 第2節 通報協議義務に関する国家実行 / p64 (0068.jp2)
  16. 第6章 通報協議義務の発展--多数国間条約を中心に-- / p70 (0074.jp2)
  17. 第1節 国際河川汚染 / p70 (0074.jp2)
  18. 第2節 越境大気汚染 / p76 (0080.jp2)
  19. 第3節 海洋汚染 / p78 (0082.jp2)
  20. 第4節 放射能汚染:1986年IAEA原子力事故早期通報条約 / p93 (0097.jp2)
  21. 第5節 環境汚染一般:1974年北欧環境保護条約 / p99 (0103.jp2)
  22. 第7章 通報協議義務の機能的限界 / p102 (0106.jp2)
  23. 第1節 機能的限界に関する前提的考察 / p102 (0106.jp2)
  24. 第2節 通報義務の機能的限界 / p106 (0110.jp2)
  25. 第3節 協議義務の機能的限界 / p110 (0114.jp2)
  26. 第8章 通報協議義務と事後賠償責任 / p113 (0117.jp2)
  27. 第1節 国際河川汚染:1966年ILAヘルシンキ規則 / p113 (0117.jp2)
  28. 第2節 越境大気汚染:1979年ECE年長距離越境大気汚染条約 / p119 (0123.jp2)
  29. 第3節 国際公域の汚染 / p124 (0128.jp2)
  30. 第9章 通報協議義務の意義 / p138 (0142.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082345
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082553
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246659
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ