N-アセチル-β-D-グルコサミニダーゼ基質の開発と生体試料への応用

この論文をさがす

著者

    • 佐々本, 一美 ササモト, カズミ

書誌事項

タイトル

N-アセチル-β-D-グルコサミニダーゼ基質の開発と生体試料への応用

著者名

佐々本, 一美

著者別名

ササモト, カズミ

学位授与大学

九州大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第4975号

学位授与年月日

1991-07-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 pH指示薬系を用いるNAGaseの活性測定 / p5 (0007.jp2)
  4. 1-1 インドフェニル-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質1)の合成 / p7 (0008.jp2)
  5. 1-2 基質1の水溶液の安定性 / p8 (0009.jp2)
  6. 1-3 吸収スペクトルの変化 / p8 (0009.jp2)
  7. 1-4 酵素反応条件の最適化 / p8 (0009.jp2)
  8. 1-5 標準操作 / p15 (0012.jp2)
  9. 1-6 生体試料への応用 / p17 (0013.jp2)
  10. 1-7 小括及び考察 / p23 (0016.jp2)
  11. 第2章 酸化還元反応を用いるNAGaseの活性測定 / p25 (0017.jp2)
  12. 2-1 4-〔(3,5-ジクロロ-4-ヒドロキシフェニル)アミノ〕フェニル-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質4 )の合成 / p26 (0018.jp2)
  13. 2-2 吸収スペクトルの変化 / p28 (0019.jp2)
  14. 2-3 酵素反応条件の検討 / p30 (0020.jp2)
  15. 2-4 酵素の活性測定 / p34 (0022.jp2)
  16. 2-5 血清に対する発色 / p37 (0023.jp2)
  17. 2-6 小括及び考察 / p39 (0024.jp2)
  18. 第3章 キレート生成反応を用いるNAGaseの活性測定 / p41 (0025.jp2)
  19. 3-1 キノリル-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質5)、5-キノリルイミドキノリル-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質6)及び 2-(5-クロロピリジルアゾ)-5-ジエチルアミノフェニル-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質7)の合成 / p45 (0027.jp2)
  20. 3-2 吸収スペクトルの変化 / p46 (0028.jp2)
  21. 3-3 酵素反応のタイムコース / p54 (0032.jp2)
  22. 3-4 金属イオンの酵素活性に与える影響 / p56 (0033.jp2)
  23. 3-5 小括及び考察 / p57 (0033.jp2)
  24. 第4章 化学発光反応を用いたNAGaseの活性測定 / p60 (0035.jp2)
  25. 4-1 3-アミノフタリルヒドラジド-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質8)による化学発光法 / p62 (0036.jp2)
  26. 4-2 4'-(6'-ジエチルアミノベンソフラニル)フタリルヒドラジド-N-アセチル-β-D-グルコサミニド(基質9)による化学発光法 / p78 (0044.jp2)
  27. 4-3 小括及び考察 / p90 (0050.jp2)
  28. 第5章 総括 / p92 (0051.jp2)
  29. 謝辞 / p97 (0053.jp2)
  30. 実験の部 / p98 (0054.jp2)
  31. 文献 / p115 (0062.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082548
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082757
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246862
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ