Significance of lecithin : cholesterol acyltransferase activity as a prognostic indicator of early allograft function in clinical liver transplantation 臨床肝移植後早期におけるLecithin : Cholesterol Acyltransferase(LCAT)活性の移植肝機能の予後判定指標としての意義

この論文をさがす

著者

    • 島田, 光生 シマダ, ミツオ

書誌事項

タイトル

Significance of lecithin : cholesterol acyltransferase activity as a prognostic indicator of early allograft function in clinical liver transplantation

タイトル別名

臨床肝移植後早期におけるLecithin : Cholesterol Acyltransferase(LCAT)活性の移植肝機能の予後判定指標としての意義

著者名

島田, 光生

著者別名

シマダ, ミツオ

学位授与大学

九州大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第4982号

学位授与年月日

1991-07-29

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082555
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082764
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246869
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ