アズレンを含む新規パイ電子系化合物の合成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊東, 俊司 イトウ, シュンジ

書誌事項

タイトル

アズレンを含む新規パイ電子系化合物の合成に関する研究

著者名

伊東, 俊司

著者別名

イトウ, シュンジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

乙第5621号

学位授与年月日

1991-09-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 文献 / p9 (0018.jp2)
  4. 第一章 1-ヒドロキシアズレン類の合成と性質 / p10 (0019.jp2)
  5. 1-1 序 / p11 (0020.jp2)
  6. 1-2 1-ヒドロキシアズレン(1)の合成 / p16 (0025.jp2)
  7. 1-3 1-ヒドロキシアズレン(1)の性質 / p18 (0027.jp2)
  8. 1-4 3-ヒドロキシグアイアズレン(2)の合成 / p25 (0034.jp2)
  9. 1-5 3-ヒドロキシグアイアズレン(2)の性質 / p28 (0037.jp2)
  10. 1-6 3-ホルミルグアイアズレンのDakin反応 / p33 (0042.jp2)
  11. 1-7 3-ヒドロキシグアイアズレンの酸化二量体(12)の構造と性質 / p35 (0044.jp2)
  12. 1-8 1-ヒドロキシアズレン類の合成のまとめ / p41 (0050.jp2)
  13. 実験の部 / p43 (0052.jp2)
  14. 文献と注記 / p72 (0081.jp2)
  15. 第二章 アズレンチオール類の合成と性質 / p74 (0083.jp2)
  16. 2-1 序 / p75 (0084.jp2)
  17. 2-2 1-アズレンチオール(16)の合成 / p76 (0085.jp2)
  18. 2-3 2-アズレンチオール(17)の合成 / p80 (0089.jp2)
  19. 2-4 6-アズレンチオール(18)の合成 / p84 (0093.jp2)
  20. 2-5 アズレンチオール類の性質 / p87 (0096.jp2)
  21. 2-6 アズレンチオール類の合成と性質のまとめ / p92 (0101.jp2)
  22. 実験の部 / p93 (0102.jp2)
  23. 文献 / p137 (0146.jp2)
  24. 第三章 アズレン類により安定化されたハイドロカーボンカルベニウムイオンの合成 / p139 (0148.jp2)
  25. 3-1 序 / p140 (0149.jp2)
  26. 3-2 トリ(1-アズレニル)メチルカチオン類(51)、ジ(1-アズレニル)フェニルメチルカチオン類(52)、および(1-アズレニル)ジフェニルメチルカチオン類(53)の合成と安定性 / p145 (0154.jp2)
  27. 3-3 tert-ブチル基により安定化されたトリ(1-アズレニル)メチルカチオン類(51)、ジ(1-アズレニル)フェニルメチルカチオン類(52)、および(1-アズレニル)ジフェニルメチルカチオン類(53)の合成 / p164 (0173.jp2)
  28. 3-4 アズレンにより安定化された9,10-ジヒドロ-9-アントリルカチオン類(66)および9-フルオレニルカチオン類(67)の合成 / p177 (0186.jp2)
  29. 3-5 アズレンにより安定化されたジカチオンの合成 / p185 (0194.jp2)
  30. 3-6 (1-アズレニル)メチルカチオン類のスペクトル的性質 / p190 (0199.jp2)
  31. 3-7 トリ(3-メチル-1-アズレニル)メチルヘキサフルオロリン酸塩(51b)のX-線結晶構造解析 / p192 (0201.jp2)
  32. 3-8 トリ(3-メチル-1-アズレニル)メチルカチオン(51b)によるハイドロカーボンソルトの合成 / p195 (0204.jp2)
  33. 3-9 アズレン類により安定化されたハイドロカーボンカルベニウムイオンの合成のまとめ / p200 (0209.jp2)
  34. 実験の部 / p201 (0210.jp2)
  35. 文献と注記 / p317 (0326.jp2)
  36. 第四章 (1-アズレニル)メチルカチオン類の動的性質 / p320 (0329.jp2)
  37. 4-1 序 / p321 (0330.jp2)
  38. 4-2 トリ(3-メチル-1-アズレニル)メチルカチオン(51b)の動的性質 / p325 (0334.jp2)
  39. 4-3 (3-tert-ブチル-1-アズレニル)(3-メトキシカルボニル-1-アズレニル)(3-メチル-1-アズレニル)メチルカチオン(80)の合成と動的性質 / p337 (0346.jp2)
  40. 4-4 トリ(2-メチル-1-アズレニル)メチルカチオン(81)の合成と動的性質 / p342 (0351.jp2)
  41. 4-5 ジ(3-メチル-1-アズレニル)フェニルメチルカチオン(52b)の動的性質 / p352 (0361.jp2)
  42. 4-6 (1-アズレニル)ジフェニルメチルカチオン(53a)の動的性質 / p363 (0372.jp2)
  43. 4-7 9-(3-メチル-1-アズレニル)-9,10-ジヒドロ-10,10-ジメチル-9-アントリルカチオン(66b)の動的性質 / p370 (0379.jp2)
  44. 4-8 (1-アズレニル)メチルカチオン類の動的性質のまとめ / p373 (0382.jp2)
  45. 実験の部 / p375 (0384.jp2)
  46. 文献と注記 / p389 (0398.jp2)
  47. 第五章 アズレン類とスクアリン酸による新規染料の合成 / p391 (0400.jp2)
  48. 5-1 序 / p392 (0401.jp2)
  49. 5-2 アズレン類とスクアリン酸による新規染料の合成 / p393 (0402.jp2)
  50. 5-3 アズレン類とスクアリン酸による新規染料の性質 / p395 (0404.jp2)
  51. 5-4 アズレン類とスクアリン酸による新規染料の合成のまとめ / p399 (0408.jp2)
  52. 実験の部 / p400 (0409.jp2)
  53. 文献と注記 / p414 (0423.jp2)
  54. 第六章 カリックスアレン、アズレン類似体の合成 / p416 (0425.jp2)
  55. 6-1 序 / p417 (0426.jp2)
  56. 6-2 アズレン類とホルミル化合物との反応 / p418 (0427.jp2)
  57. 6-3 カリックスアレン、アズレン類似体(104)の合成 / p425 (0434.jp2)
  58. 6-4 カリックスアレン、アズレン類似体(104)の合成のまとめ / p432 (0441.jp2)
  59. 実験の部 / p433 (0442.jp2)
  60. 文献と注記 / p459 (0468.jp2)
  61. 第七章 ジ(1-アズレニル)ケトンおよび関連化合物の合成 / p461 (0470.jp2)
  62. 7-1 序 / p462 (0471.jp2)
  63. 7-2 ジ(1-アズレニル)ケトン(122)および関連化合物の合成 / p463 (0472.jp2)
  64. 7-3 ジ(1-アズレニル)ケトンおよび関連化合物の合成のまとめ / p467 (0476.jp2)
  65. 実験の部 / p469 (0478.jp2)
  66. 文献と注記 / p478 (0487.jp2)
  67. 謝辞 / p479 (0488.jp2)
  68. 補遺 / p480 (0489.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082758
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082967
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247072
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ