平歯車の仕上げ転造における歯形誤差の発生機構とその抑制に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 植松, 整三 ウエマツ, セイゾウ

書誌事項

タイトル

平歯車の仕上げ転造における歯形誤差の発生機構とその抑制に関する研究

著者名

植松, 整三

著者別名

ウエマツ, セイゾウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5634号

学位授与年月日

1991-11-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / A-1 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 仕上げ転造の概念 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 仕上げ転造の問題点と現在までの研究経過 / p1 (0006.jp2)
  5. 1-3 本論文の目的と論文の構成 / p3 (0008.jp2)
  6. 参考文献 / p7 (0012.jp2)
  7. 第2章 転造の幾何学と転造過程 / p9 (0014.jp2)
  8. 2-1 まえがき / p9 (0014.jp2)
  9. 2-2 転造効果の評価法 / p9 (0014.jp2)
  10. 2-3 転造装置 / p11 (0016.jp2)
  11. 2-4 工具と被加工歯車の諸元,精度 / p13 (0018.jp2)
  12. 2-5 転造の幾何学 / p18 (0023.jp2)
  13. 2-6 歯形誤差の発生過程 / p26 (0031.jp2)
  14. 2-7 押込み量に及ぼす転位係数,工具押込み力の影響 / p31 (0036.jp2)
  15. 2-8 この章のまとめ / p37 (0042.jp2)
  16. 参考文献 / p37 (0042.jp2)
  17. 第3章 歯形のくぼみ発生機構 / p39 (0044.jp2)
  18. 3-1 まえがき / p39 (0044.jp2)
  19. 3-2 被加工歯車の諸元と設定工具押込み力 / p39 (0044.jp2)
  20. 3-3 転造中のかみあい長さの測定と伸びの幾何学的関係 / p40 (0045.jp2)
  21. 3-4 かみあい長さの伸びを考慮した歯形解析 / p52 (0057.jp2)
  22. 3-5 工具と被加工歯車間の相対角速度の変動が歯形誤差におよぼす影響 / p61 (0066.jp2)
  23. 3-6 この章のまとめ / p72 (0077.jp2)
  24. 参考文献 / p72 (0077.jp2)
  25. 第4章 圧力角誤差の発生機構 / p73 (0078.jp2)
  26. 4-1 まえがき / p73 (0078.jp2)
  27. 4-2 実験の構成 / p74 (0079.jp2)
  28. 4-3 歯の塑性たわみ発生の検証 / p79 (0084.jp2)
  29. 4-4 圧力角誤差の発生機構 / p91 (0096.jp2)
  30. 4-5 繰返し転造する場合の歯形誤差と塑性たわみの関係 / p93 (0098.jp2)
  31. 4-6 この章のまとめ / p97 (0102.jp2)
  32. 参考文献 / p97 (0102.jp2)
  33. 第5章 強制変位方式による仕上げ転造 / p98 (0103.jp2)
  34. 5-1 まえがき / p98 (0103.jp2)
  35. 5-2 強制変位方式の加工原理 / p99 (0104.jp2)
  36. 5-3 変位制御方式の転造装置と実験条件 / p101 (0106.jp2)
  37. 5-4 加工特性 / p104 (0109.jp2)
  38. 5-5 転造歯形の理論解析と加工精度の限界 / p112 (0117.jp2)
  39. 5-6 歯形誤差の抑制機構 / p115 (0120.jp2)
  40. 5-7 理論加工精度と前加工歯形の改善特性 / p125 (0130.jp2)
  41. 5-8 この章のまとめ / p131 (0136.jp2)
  42. 参考文献 / p131 (0136.jp2)
  43. 第6章 生産性を考慮した強制変位方式による仕上げ転造 / p132 (0137.jp2)
  44. 6-1 まえがき / p132 (0137.jp2)
  45. 6-2 ピニオン型工具を使用する場合の歯形解析上の問題点 / p132 (0137.jp2)
  46. 6-3 塑性押込み量に及ぼす円筒試験片外周部の形状,材質の影響 / p140 (0145.jp2)
  47. 6-4 歯形解析法 / p150 (0155.jp2)
  48. 6-5 モジュールの異なる場合の転造効果の評価法 / p151 (0156.jp2)
  49. 6-6 高速転造の場合の歯形精度 / p154 (0159.jp2)
  50. 6-7 この章のまとめ / p161 (0166.jp2)
  51. 参考文献 / p161 (0166.jp2)
  52. 第7章 結論 / p162 (0167.jp2)
  53. 7-1 本研究の結果の要約 / p162 (0167.jp2)
  54. 7-2 本研究の工業的意義 / p165 (0170.jp2)
  55. 公表論文 / p166 (0171.jp2)
  56. 謝辞 / p167 (0172.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082771
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082980
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247085
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ