快削鋼と工具の界面凝着制御と被削性向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 片山, 昌 カタヤマ, サカエ

書誌事項

タイトル

快削鋼と工具の界面凝着制御と被削性向上に関する研究

著者名

片山, 昌

著者別名

カタヤマ, サカエ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第1223号

学位授与年月日

1991-11-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 快削鋼の被削性に関する技術課題 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 切削界面凝着と被削性に関する従来の研究経過と今後の課題 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と構成 / p4 (0007.jp2)
  6. 第2章 界面凝着の生成方法と観察方法 / p11 (0010.jp2)
  7. 2.1 切削界面の名称 / p11 (0010.jp2)
  8. 2.2 切削界面を形成させる方法と条件 / p11 (0010.jp2)
  9. 2.3 切削中の界面近傍のミクロ組織観察,分析方法 / p13 (0011.jp2)
  10. 2.4 切削中の界面の温度測定法 / p21 (0015.jp2)
  11. 2.5 被削性の評価装置 / p23 (0016.jp2)
  12. 第3章 工具の化学成分調整による界面凝着制御及び被削註の向上 / p25 (0017.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p25 (0017.jp2)
  14. 3.2 界面の構成要素と生成条件 / p25 (0017.jp2)
  15. 3.3 界面凝着に及ぼす工具の化学成分の影響 / p26 (0018.jp2)
  16. 3.4 快削鋼の被削性に及ぼす工具の化学成分の影響 / p36 (0023.jp2)
  17. 3.5 まとめ / p40 (0025.jp2)
  18. 第4章 鋼の化学成分調整による凝着物の成長制御と被削性の向上 / p43 (0026.jp2)
  19. 4.1 まえがき / p43 (0026.jp2)
  20. 4.2 鋼中マンガン硫化物系介在物による制御 / p43 (0026.jp2)
  21. 4.3 鋼中炭素,燐及び窒素による制御 / p54 (0032.jp2)
  22. 4.4 鋼中酸化物系介在物による制御 / p63 (0036.jp2)
  23. 4.5 まとめ / p67 (0038.jp2)
  24. 第5章 耐凝着性に優れたジルコニア系(PSZ)工具の開発 / p71 (0040.jp2)
  25. 5.1 まえがき / p71 (0040.jp2)
  26. 5.2 工具損傷に及ぼす相対密度と化学組成の影響 / p71 (0040.jp2)
  27. 5.3 工具損傷に及ぼす鋼中硫黄含有量の影響 / p77 (0043.jp2)
  28. 5.4 ジルコニア系工具性能に及ぼす切削方法の影響 / p82 (0046.jp2)
  29. 5.5 まとめ / p94 (0052.jp2)
  30. 第6章 連続鋳造快削鋼への適用 / p97 (0053.jp2)
  31. 6.1 まえがき / p97 (0053.jp2)
  32. 6.2 製造方法と切削方法 / p97 (0053.jp2)
  33. 6.3 性能評価結果 / p98 (0054.jp2)
  34. 6.4 まとめ / p104 (0057.jp2)
  35. 第7章 総括 / p107 (0058.jp2)
  36. 謝辞 / p111 (0060.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082913
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083122
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247227
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ