段階的クラスター化による描線軌跡最適化の研究

この論文をさがす

著者

    • 雄山, 真弓, 1941- オヤマ, マユミ

書誌事項

タイトル

段階的クラスター化による描線軌跡最適化の研究

著者名

雄山, 真弓, 1941-

著者別名

オヤマ, マユミ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第24号

学位授与年月日

1991-12-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 研究の目的と背景 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 各章の概要 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2章 描線軌跡の最適化と段階的クラスター化法 / p7 (0011.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p7 (0011.jp2)
  8. 2.2 作図処理における効率的描線の意味 / p7 (0011.jp2)
  9. 2.3 クラスター化による描線の最適化 / p13 (0014.jp2)
  10. 2.4 クラスター手法の比較 / p22 (0019.jp2)
  11. 2.5 線分連結の方法と諸条件 / p34 (0025.jp2)
  12. 2.6 クラスター化による描線順序の最適化 / p41 (0028.jp2)
  13. 2.7 おわりに / p47 (0031.jp2)
  14. 第3章 計算機実験と評価 / p49 (0032.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p49 (0032.jp2)
  16. 3.2 計算機実験の結果 / p49 (0032.jp2)
  17. 3.3 既存の効率的描線法との比較による段階的クラスター化法の評価 / p54 (0035.jp2)
  18. 3.4 おわりに / p63 (0039.jp2)
  19. 第4章 線分結合に制約のある描線順序の近似最適化 / p64 (0040.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p64 (0040.jp2)
  21. 4.2 結合制約を考慮した図形データの構成 / p64 (0040.jp2)
  22. 4.3 結合制約を考慮した段階的クラスター化法 / p70 (0043.jp2)
  23. 4.4 計算機実験と結果 / p75 (0045.jp2)
  24. 4.5 おわりに / p76 (0046.jp2)
  25. 第5章 段階的クラスター化法の応用(1)-電子部品装着順序の効率化― / p84 (0050.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p84 (0050.jp2)
  27. 5.2 効率的組立工程問題 / p85 (0050.jp2)
  28. 5.3 効果的な配置順序を与えるためのアルゴリズム / p90 (0053.jp2)
  29. 5.4 複雑な組立工程問題への対応 / p96 (0056.jp2)
  30. 5.5 電子部品装着順序への応用 / p99 (0057.jp2)
  31. 5.6 おわりに / p103 (0059.jp2)
  32. 第6章 段階的クラスター化法の応用(2)-分子構造グラフィックスのための描線最適化 / p106 (0061.jp2)
  33. 6.1 はじめに / p106 (0061.jp2)
  34. 6.2 分子構造グラフィックスのための段階的クラスター化法 / p107 (0061.jp2)
  35. 6.3 生体高分子構造作図への応用 / p114 (0065.jp2)
  36. 6.4 おわりに / p117 (0066.jp2)
  37. 第7章 結論 / p121 (0068.jp2)
  38. 参考文献 / p125 (0070.jp2)
  39. 謝辞 / p129 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082939
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972775
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247253
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ