神経回路モデルの数理的研究

この論文をさがす

著者

    • 倉田, 耕治 クラタ, コウジ

書誌事項

タイトル

神経回路モデルの数理的研究

著者名

倉田, 耕治

著者別名

クラタ, コウジ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9683号

学位授与年月日

1990-04-13

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙09683 ; 学位授与年月日: 1990-04-13 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 工学博士 ; 学位記番号: 第9683号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科計数工学専攻

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. まえがき / (0005.jp2)
  3. 第1章 ランダム対称結合を持つ回路の平衡状態の数 / p1 (0009.jp2)
  4. §1.0 はじめに / p1 (0009.jp2)
  5. §1.1 宮下の実験 / p2 (0010.jp2)
  6. §1.2 ランダム対称結合を持つ回路の平衡状態の数 / p3 (0010.jp2)
  7. 文献 / p8 (0013.jp2)
  8. 第2章 ボルツマン・マシンの幾何学 / p11 (0014.jp2)
  9. §2.0 はじめに / p11 (0014.jp2)
  10. §2.1 ボルツマン・マシン / p11 (0014.jp2)
  11. 2.1.1 ボルツマン・マシンの動作10 / p11 (0014.jp2)
  12. 2.1.2 ボルツマン・マシンの学習 / p15 (0016.jp2)
  13. §2.2 ボルツマン・マシンの学習とKullback divergence / p17 (0017.jp2)
  14. §2.3 ボルツマン・マシンの情報幾何学的構造 / p19 (0018.jp2)
  15. §2.4 重みが限りなく増大する場合 / p25 (0021.jp2)
  16. §2.5 ボルツマン・マシンの一般化 / p28 (0023.jp2)
  17. 2.5.1 連続値型ボルツマン・マシン / p28 (0023.jp2)
  18. 2.5.2 nΣ素子のボルツマン・マシンとk次のボルツマン・マシン / p30 (0024.jp2)
  19. §2.6 H素子があるときの幾何学 / p31 (0024.jp2)
  20. 文献 / p34 (0026.jp2)
  21. 第3章 競合的な隠れユニットをもつ三層神経回路網の学習 / p35 (0026.jp2)
  22. §3.0 はじめに / p35 (0026.jp2)
  23. §3.1 基本競合系 / p36 (0027.jp2)
  24. §3.2 モデルと学習則 / p41 (0029.jp2)
  25. §3.3 隠れユニットの分布 / p44 (0031.jp2)
  26. §3.4 平均自乗誤差を最小にする隠れユニットの分布密度 / p47 (0032.jp2)
  27. §3.5 誤差について / p50 (0034.jp2)
  28. §3.6 バック・プロパゲーションを用いた場合 / p51 (0034.jp2)
  29. §3.7 モデルの簡単化 / p56 (0037.jp2)
  30. 文献 / p57 (0037.jp2)
  31. 第4章 トポグラフィック・マッピング形成の数理 / p59 (0038.jp2)
  32. §4.0 はじめに / p59 (0038.jp2)
  33. §4.1 ボルツマン・マシンを応用したトポグラフィック・マッピングの形成モデル / p65 (0041.jp2)
  34. 4.1.0 ボルツマン・マシンをモデルに応用することの意味 / p65 (0041.jp2)
  35. 4.1.1 ボルツマン神経場 / p65 (0041.jp2)
  36. 4.1.2 1次元から1次元へのトポグラフィック・マッピング / p66 (0042.jp2)
  37. 4.1.3 2次元から1次元へのトポグラフィック・マッピング / p68 (0043.jp2)
  38. §4.2 Kohonenのモデルにおけるハイパーコラム形成とコラム形成 / p70 (0044.jp2)
  39. 4.2.1 Kohonenのモデル / p70 (0044.jp2)
  40. 4.2.2 Kohonenのモデルの簡単化と連続化 / p72 (0045.jp2)
  41. 4.2.3 Kohonenのモデルの単純連続解の安定性 / p74 (0046.jp2)
  42. 4.2.4 Amariのモデルとの比較 / p107 (0062.jp2)
  43. 4.2.5 Malsburgのモデルとの比較 / p110 (0064.jp2)
  44. 4.2.6 相互結合のないモデル / p113 (0065.jp2)
  45. 文献 / p115 (0066.jp2)
  46. あとがき / p117 (0067.jp2)
  47. 謝辞 / p118 (0068.jp2)
  48. 付録l / p119 (0068.jp2)
  49. 付録2 / p121 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083010
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083220
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247324
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ