生物毒を用いた甲殻類神経筋シナプスの電気生理学研究

この論文をさがす

著者

    • 三輪, 昭子 ミワ, アキコ

書誌事項

タイトル

生物毒を用いた甲殻類神経筋シナプスの電気生理学研究

著者名

三輪, 昭子

著者別名

ミワ, アキコ

学位授与大学

東京大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第9777号

学位授与年月日

1990-07-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第I章 オオスズメバチ毒(マンダラトキシン)の作用 / p2 (0006.jp2)
  4. 第1節 序論 / p2 (0006.jp2)
  5. 第2節 実験方法 / p4 (0008.jp2)
  6. 第3節 結果 / p7 (0011.jp2)
  7. 1.シナプス伝達に対する効果 / p7 (0011.jp2)
  8. 2.作用部位の検討 / p10 (0014.jp2)
  9. 第4節 考察 / p10 (0014.jp2)
  10. 第5節 概要 / p11 (0015.jp2)
  11. 第II章 ジョロウグモ毒(JSTX)の作用 / p12 (0016.jp2)
  12. 第1節 序論 / p12 (0016.jp2)
  13. 第2節 実験方法 / p14 (0018.jp2)
  14. 第3節 結果 / p16 (0020.jp2)
  15. 1.甲殻類歩脚神経筋シナプスに対するJSTXの作用 / p16 (0020.jp2)
  16. 2.JSTXの作用の時間経過 / p17 (0021.jp2)
  17. 3.JSTXの濃度反応曲線 / p17 (0021.jp2)
  18. 4.グルタミン酸電位に対するJSTXの作用 / p17 (0021.jp2)
  19. 5.グルタミン酸の類縁物質に対するJSTXの作用 / p21 (0025.jp2)
  20. 6.JSTXの作用部位の決定 / p24 (0028.jp2)
  21. 7.EPSCの電流電圧関係に対するJSTXの作用 / p27 (0031.jp2)
  22. 8.JSTX存在下のEPSCの勾配 / p27 (0031.jp2)
  23. 9.自発性EPSCにおけるJSTXの作用 / p29 (0033.jp2)
  24. 第4節 考察 / p31 (0035.jp2)
  25. 第5節 概要 / p36 (0040.jp2)
  26. 第III章 甲殻類神経筋シナプスのシナプス前グルタミン酸レセプター / p37 (0041.jp2)
  27. 第1節 序論 / p37 (0041.jp2)
  28. 第2節 実験方法 / p37 (0041.jp2)
  29. 第3節 結果 / p39 (0043.jp2)
  30. 1.シナプス前グルタミン酸電位(PGP) / p39 (0043.jp2)
  31. 2.イオン機構 / p42 (0046.jp2)
  32. 3.グルタミン酸阻害物質と類縁物質の作用 / p44 (0048.jp2)
  33. 4.IAPの効果 / p46 (0050.jp2)
  34. 5.GTP γr Sの効果 / p49 (0053.jp2)
  35. 第4節 考察 / p49 (0053.jp2)
  36. 第5節 概要 / p52 (0056.jp2)
  37. 総括 / p53 (0057.jp2)
  38. 参考文献 / p55 (0059.jp2)
  39. 謝辞 / p61 (0065.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083104
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083314
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247418
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ