防振スラブ軌道の開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 偕年, 1930- ワタナベ, カイネン

書誌事項

タイトル

防振スラブ軌道の開発に関する研究

著者名

渡辺, 偕年, 1930-

著者別名

ワタナベ, カイネン

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9781号

学位授与年月日

1990-07-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 防振スラブ軌道開発の必要性 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 スラブ軌道における騒音対策 / p6 (0008.jp2)
  6. 1.4 防振A型スラブ軌道の構成 / p10 (0010.jp2)
  7. 1.5 防振A型スラブ軌道の実現とその後の発展 / p11 (0010.jp2)
  8. 1.6 論文の構成 / p13 (0011.jp2)
  9. 2.防振A型スラブ軌道の開発 / p14 (0012.jp2)
  10. 2.1 概説 / p14 (0012.jp2)
  11. 2.2 軌道スラブ / p15 (0012.jp2)
  12. 2.3 スラブマット / p17 (0013.jp2)
  13. 3.防振スラブ軌道の効果確認試験 / p23 (0016.jp2)
  14. 3.1 概説 / p23 (0016.jp2)
  15. 3.2 基礎試験 / p24 (0017.jp2)
  16. 3.3 営業線試験(山陽新幹線) / p29 (0019.jp2)
  17. 3.4 総合効果確認試験(小山試験線) / p37 (0023.jp2)
  18. 4.輪軸落下試験による評価 / p49 (0032.jp2)
  19. 4.1 概説 / p49 (0032.jp2)
  20. 4.2 輪軸落下試験 / p49 (0032.jp2)
  21. 4.3 理論解析 / p52 (0034.jp2)
  22. 4.4 評価手法の確認試験 / p63 (0039.jp2)
  23. 4.5 試験結果 / p69 (0042.jp2)
  24. 4.6 防振A型スラブ軌道の評価 / p75 (0045.jp2)
  25. 5.防振A型スラブ軌道実用化のためのその他の問題点の解決 / p76 (0046.jp2)
  26. 5.1 概説 / p76 (0046.jp2)
  27. 5.2 構造細部(突起部の設計) / p76 (0046.jp2)
  28. 5.3 施工性(スラブマット接着技術の向上) / p81 (0048.jp2)
  29. 5.4 耐久性(PRC軌道スラブの採用) / p89 (0052.jp2)
  30. 5.5 耐久性(寒冷地用CAMの開発) / p92 (0054.jp2)
  31. 5.6 東北・上越新幹線に用いる防振スラブ軌道 / p102 (0059.jp2)
  32. 6.東北・上越新幹線における実績 / p102 (0059.jp2)
  33. 6.1 建設概要 / p102 (0059.jp2)
  34. 6.2 建設時および営業後の諸問題 / p103 (0059.jp2)
  35. 6.3 保守実績 / p105 (0060.jp2)
  36. 7.防振スラブ軌道の改良 / p108 (0062.jp2)
  37. 7.1 概説 / p108 (0062.jp2)
  38. 7.2 防振G型スラブ軌道 / p108 (0062.jp2)
  39. 7.3 枠型スラブ軌道 / p119 (0067.jp2)
  40. 8.結論 / p127 (0071.jp2)
  41. 8.1 防振A型スラブ軌道の開発と評価 / p127 (0071.jp2)
  42. 8.2 防振スラブ軌道の改良 / p128 (0072.jp2)
  43. 8.3 むすび / p129 (0072.jp2)
  44. 文献 / p129 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083108
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012412
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247422
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ